ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『下町』財前部長に続編の予感?

2015.12.21 MON

噂のネット事件簿


大好評のうちに幕を閉じた『下町ロケット』。TBSオンデマンドでは12月27日まで最終話を無料配信中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月20日、TBS日曜劇場『下町ロケット』が最終回を迎えた。最終回は佃製作所社長・佃航平(阿部寛)とサヤマ製作所社長・椎名直之(小泉孝太郎)が設計図データに関して直接対決を繰り広げる内容で、視聴率も22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調をキープした。そして放送終了後も興奮さめやらぬTwitterのタイムラインでは、続編やスピンオフ、劇場版があるのでは? という期待や予測をする声が続々と投稿されている。

なかでもユーザーが気になっているのは、佃が設計図データの検証を依頼した財前道生部長(吉川晃司)の行方だ。

「財前の去り方は何かの布石なの?
続編で佃製作所に居たら面白いかも(笑)」
「(前略)それにしても財前さんは海外赴任で栄転?とか、続編を暗示させるアレコレがあったね。3あるかもね」
「財前部長、最後にどこいった? 続編とかあるの?」
「こりゃあ、続編あるな。改心したサヤマ、帝国重工社員になった娘、どっかに行っちゃったかもしれない財前部長… 1年後くらいにw 」
「下町ロケット、最後財前さん、どこ行った!?続編期待させてるのかな~」

など、ドラマの最後、ロケット発射を見届けた財前が、管制室からスーツケースを持ってどこかへ向かうシーンに“続き”を予感する声がTwitterに続々と投稿された。さらには、

「続編も期待したいところだけど、スピンオフとして、財前部長を主役とした物語を描いてくれないかなあ」

と、財前部長が主役となったストーリーが見たいという声も少なくない。

今のところ、『下町ロケット』について続編やスピンオフなどの情報はないが、2013~2014年(『半沢直樹』)、2015年と人々を熱狂させ続ける池井戸潤作品。2016年も期待したいところだ。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト