ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「すた丼の肉まん」再現度高し!

2016.01.07 THU

噂のネット事件簿


大きめにカットされた豚肉に、卵黄風ソースがからむ「すたみな肉まん」
サークルKサンクスが1月5日から、「伝説のすた丼屋」監修の「すたみな肉まん」(税込150円)を、関東・新潟・長野・静岡地区で限定発売し、ネット上には食べた人からの感想が続々と投稿されている。

同社はこれまでにも「伝説のすた丼屋」とコラボし、「ピリ辛油そば」「すた丼むすび」「すたみなバーガー」「伝説のすた丼」などの商品を展開、その新作として中華まんが登場した形だ。同社のリリースによると、豚肉にニンニクを効かせたうえで、卵黄風ソースを加えることで、具材の味をマイルドに引き立てたという。また、「伝説のすた丼屋」の店舗イメージカラーである「黒」を表現すべく、生地に竹炭パウダーを使用。そのため、肉まんの皮が真っ黒でなかなかのインパクトだ。

ネットユーザーの間では、コンビニエンスストアの“変わり肉まん”は発売されるたびに話題になるもの。今回もTwitterには、

「すた丼まんうまし!!」
「サークルKにすた丼まんとかいうの売ってたから食べたけど思った以上にすた丼だこれ」
「今日から販売始まったサンクスのすた丼まん食べたけどめっちゃにんにくの風味がきつい」

などといった報告があがっている。おおむね「美味しい」「すた丼そのもの」と味や再現度は高評価のようだが、一方では、

「長野すた丼ないのにすた丼まん出るのか‥…」
「新潟にすた丼まんの前にすた丼を作れ」

といった声も。実は、発売地区である新潟・長野・静岡には「伝説のすた丼屋」の店舗はない(公式HPより、1月5日時点)ため、“肉まんより実店舗を…”と嘆く人がいるのだ。

とはいえ、筆者も試してみたが、ニンニクのパンチ具合も含めて、かなりの再現度を誇る「すたみな肉まん」。本家「すた丼」をまだ食べたことがないという人も、ここから試してみるのもいいかも?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト