カラオケ&映画が合体!? リラックス感抜群

映画鑑賞に新機軸!シネカラに注目

2016.03.12 SAT


コンセプトルームの1つである「デュアルルーム」では、壁をスクリーンとして使用。100インチ2画面で大迫力の映像を見ながら食事も堪能したい 画像提供:ヴァリック
映画の鑑賞方法に新たな選択肢が加わるかもしれない。昨年9月、カラオケ店「コート・ダジュール」では、カラオケルーム内でワーナーの新作映画が楽しめるプライベートシネマ「シネカラ」を藤沢六会店でサービスイン。現在、首都圏を中心に30店舗(※3月12日現在)にまで拡大している。

視聴できる作品は、新旧含めたワーナー映画のなかから厳選された話題作だ。現在は世界的ベストセラーの初アニメ映画化作品『リトルプリンス 星の王子さまと私』(~3月18日)が上映中。そして3月19日からは、シルベスタ・スタローンの「ロッキー」シリーズ新章『クリード チャンプを継ぐ男』や、3月末公開のアメコミ新作映画になぞらえた、アメコミヒーローのレゴが集結する『LEGO(R)スーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ〈悪の軍団誕生〉』がラインナップに加わる予定だ(ともに4月15日まで)。

このサービスについて、「コート・ダジュール」の運営会社・ヴァリックの広報、大山翔子さんに話を聞いた。

「新作映画は劇場で封切られてから約13週間後の作品が観られます。基本的にDVDがレンタル/セルされる1カ月前からの上映となりますので、劇場公開が終わった空白の期間に楽しめるサービスですね」(大山さん)

例えば『クリード チャンプを継ぐ男』なら、

劇場公開 2015年12月23日(~2月上旬)

「シネカラ」上映 2016年3月19日~4月15日

ブルーレイ&DVDレンタル/セル開始 4月20日

というスケジュールとなる。

気になる料金は、映画1本+室料3時間+ドリンク1杯の「シネカラパック」が、9~18時なら1620円から(以下、価格は大人1人分)、18~翌9時なら2160円から! ドリンクはアルコールも選べる。また、324円を上乗せしてコンセプトルームと呼ばれる特別ルームにアップグレードしたり、お好みのフードと追加ドリンクを別途注文したりすることも可能なので、デートや飲み会、ファミリーなどシーンに合わせた利用もできそうだ。

「個室ですので周りの目を気にせず映画やお食事を楽しめます。スピーカーなどの音響設備にも自信がありますので、実際に利用されたお客様には『家で観るリラックス感と、映画館の臨場感が同時に味わえたのが良かった』など、おおむね高評価をいただいていますね」(大山さん)

このような「映画館外」での鑑賞に、新たな動きが出てきている。

昨年第6回となった“食”がテーマの「東京ごはん映画祭」では、パートナーシップを結んだ飲食店で、映画と食事を楽しむレストラン&カフェ上映会を開催。大好評だったことからも、リラックスムードで映画を観ることへの関心は高そうだ。

また、映画をテーマにした野外フェス「夜空と交差する森の映画祭」(山梨県)も、過去2回の盛況をうけて早くも今年10月の第3回開催が決定。夜空の下で自然を感じながら鑑賞する映画もなかなか趣がある!?

今年はこうした映画イベントにも要注目だが、まずは見逃したワーナーの新作映画がパッケージより先に鑑賞できる「シネカラ」で、気軽に「映画館外」シアター体験をしてみてはいかがだろう?
(足立美由紀)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト