「大学生レベルなのに芸人になっちゃった」!?

はんにゃ『しくじり』でがん告白 再ブレイク期待の声

2016.04.05 TUE

噂のネット事件簿


様々なゲストの“ガチ”な告白で、話題をさらうことの多い『しくじり先生』 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月4日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビのはんにゃが出演。川島章良が2014年に腎臓がんを患っていたことを告白し、彼らを応援する声が上がっている。

この日のはんにゃは、「大学生レベルなのに芸人になっちゃった先生」として番組に出演した。彼らは「ズグダンズンブングンゲーム」で2009年に一躍ブレイクし、バラエティ番組のみならず、月9ドラマ、多数のCMなどにも出演。しかし実力不足ゆえに気がつけば「笑っているのは小・中学生だけ」という芸人になり、急激に人気を失ったという。

そしてコンビ仲が悪くなっていた2014年、川島の腎臓がんが判明。しかし手術は無事成功し、2人は改めて仕事に向き合うことができたという。

芸人としての挫折だけでなく、命の大切さまで語った2人の「実力は『失敗』と『悔しさ』と『かっこ悪さ』の連続で磨かれる」というメッセージは、多くの人に響いたようだ。ツイッターには、

「はんにゃのしくじり先生よかったわー。 ほんまに頑張ろ」
「はんにゃみて元気出たなぁ…明日頑張らんとな…」
「はんにゃ先生の授業、よかった...こんなん泣くわ..」
「はんにゃの授業、大変勉強になりました。 俺も頑張って、挫折して、悔しい思いして、頑張っていく」

など、感銘を受けたという感想が相次ぎ、

「はんにゃの話に大号泣。全然面白いしまた売れるはず!!」
「はんにゃがまたテレビにもっと出ますように!」
「はんにゃよかった もう一回2人で頑張って売れてほしいな」
「はんにゃはきっとまたブレイクするよ。久しぶりに見たけど、やっぱり面白いもん」

など、再ブレイクを期待する声も続々と登場。すでに知名度の高い彼らだけに、再浮上の可能性は十分にありそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト