「ベッキーと川谷絵音」の話題はもうウンザリ?

「騒ぎ過ぎ!」と思った2016年の不倫・浮気騒動TOP5

2016.04.29 FRI

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


世間に対しての謝罪会見については、「誰に対して謝る必要があるのか?」という意見もチラホラ。芸能報道へのスタンスが問われているのかも? 画像協力:Pixta
今年に入って相次いでメディアを賑わせた有名人の浮気や不倫。ゴシップのなかでも耳目を集めるゆえ、様々な報道がなされてきたが、今年に入ってからかなりの数を見た印象。それだけに、いささか食傷気味の人もいるのでは…? というわけで、20~30代の男女200人(男性100人、女性100人)に、メディアや世間の騒ぎ方について意見を聞いた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

■「騒ぎ過ぎ!」と思った今年の不倫・浮気騒動TOP5
(複数回答)

1位 ベッキーと川谷絵音の不倫報道(56.0%)
2位 狩野英孝の浮気報道(43.5%)
3位 乙武洋匡の不倫報道(29.5%)
4位 桂文枝の不倫報道(29.0%)
5位 とにかく明るい安村の不倫報道(28.5%)


7位 宮崎謙介元議員の不倫報道(22.0%)、8位 石井竜也の不倫報道(19.5%)と続く結果となり、ワイドショーなどで大きく時間を割かれた話題が上位にある印象だ。一方で「いずれもしかるべき報道のされ方だと感じる」と答えた人が27.0%もいるなど、見方は人それぞれ。では具体的に、騒ぎすぎであると感じる理由を見ていこう。

【1位 ベッキーと川谷絵音】
「政治家や公務員ではないにもかかわらず、過剰に報道し社会的制裁を加えるような風潮に疑問を感じたから」(34歳・女性)
「当事者だけで解決すればいい話で、いつまでも騒ぎすぎ」(32歳・男性)
「視聴者が冷めている感想なのに、まだ報道している」(37歳・男性)

【2位 狩野英孝】
「独身である三角関係にもかかわらず、女性側の売名行為に思えたから」(31歳・女性)
「芸人なんだから芸の肥やしにしなくてはならない」(38歳・男性)
「プライベートのことなのでそこまで取り上げて騒ぐなくてもいいと思うから」(23歳・女性)

【3位 乙武洋匡】
「奥さんも謝罪しているのだからもういいでしょと思う」(37歳・男性)
「んー別に騒ぐ事でもなかったんだと思う」(21歳・男性)

【4位 桂文枝】
「清純派を売りに活動していたわけでもなく、もうおじいさんの年の人に対して家族以外の人がどうこう言う事でもない」(36歳・女性)
「興味があまりないのと、年を取っているのでかわいそう」(30歳・男性)
「このテの人が不倫していることは公然の事実だと思う」(35歳・男性)

【5位 とにかく明るい安村】
「他の人のほうが倫理的に問題のある不倫なので騒ぐのはわかるが、こちらは便乗して騒ぎ立てていると感じたからです。それに、芸人ならよくある話ではないかと」(28歳・女性)
「不倫じゃなかったのでは?」(31歳・女性)
「特に面白くもないのに騒がれて、ただ気の毒なだけだった」(34歳・男性)

ちなみに「他人が不倫することに対してどう思う?」という質問では、「倫理的に許せない」が57.5%と半数以上。一方、「特になんとも思わない」も42.5%おり、他人の痴情のもつれをわざわざ報道する姿勢には、ネットを中心に異論も散見される。これをご覧のアナタはどう思いますか?
(吉々是良)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト