いつもと全く違うその光景は、大勢のSNS投稿ネタに!

オレンジ色のアフロが東京ドームを埋め尽くした!?

2016.05.25 WED


いつもの東京ドームとは全く違う雰囲気で盛り上がりを見せたイベント「みんなでアフロ」! オレンジ色のアフロをかぶってジャイアンツを応援する大勢の観客たち
5月6日(金)、東京ドームで中日ドラゴンズとの3戦を控えた読売ジャイアンツ。この日の東京ドーム場内は、いつもの様子とは全く違っていた! なにが変わっていたかって? ドーム内の多くの観客が、オレンジ色のアフロヘアのかぶりモノを頭にかぶって野球観戦をしていたのだ…。

実はこのイベント、東京ドームの巨人戦を盛り上げる「みんなで○○」という新企画。今回は「みんなでアフロ」ということで、ジャイアンツカラーのオレンジアフロが来場者全員に無料で配布されていた。

試合が始まる前から球場内のあちらこちらで仲間や自分のアフロ姿、球場内の一風変わった様子をスマートフォンのカメラで撮っている姿が目に入った。その写真の多くは、SNSにアップされていた様子。それもそのはず、今シーズンから「Twitter」「Instagram」「Facebook」にハッシュタグ「#TOKYOGIANTS」をつけて写真を投稿すると、球場内にある専用端末で投稿した写真入りのオリジナルフォトカードがプリントアウトできるからだ。さらに、その写真がオーロラビジョンに映ることもあるという。

そして、さらにイベントを盛り上げるため試合直前のグラウンドに現れたのが、野球好きお笑い芸人でもあるトータルテンボスの藤田憲右さん・大村朋宏さんとキングコングの梶原雄太さん。観客と同じオレンジアフロをかぶった彼らの軽快なトークに、スタンドからは大きな笑いが上がっていた。

試合中はというと、子どもから大人までオレンジアフロをかぶりジャイアンツを応援。いつもと違ったドーム内の楽しげな雰囲気に、応援の声だっていつもより大きく感じられた。そして、いよいよ5回裏終了後の全員撮影! 観客席のジャイアンツファンがオレンジアフロ姿で立ち上がり、一斉に「みんなでアフロ!」と声を上げて撮影。東京ドームがオレンジアフロで一つになった瞬間だ!

東京ドームで開催されるジャイアンツ戦は、野球観戦以外にもたくさんの楽しめる工夫があるようだ。例えば、ドーム内のコンコースには、高橋由伸監督や選手の巨大な幕やパネル、今季の開幕セレモニーで使用されたモニュメントなど、一緒に並んで撮影できるスポットが用意されている。

さて、次回9月2日(金)に実施予定の「みんなで○○」企画。内容はまだ秘密とのことだが、東京ドームのジャイアンツ戦に足を運んだときは、みんなに注目される写真を撮ってSNSにアップしてみては?

  • 入場時に各ゲートで手渡されたオレンジ色のアフロ。イベントを知らなかった来場者たちは笑顔ながら驚きを隠しきれない様子だった
  • オレンジ色のアフロをかぶって「はいチーズ!」。ドーム内のあちらこちらでは、スマートフォンで写真を撮る人たちが続出。SNSに自分たちの姿をアップしている様子だった
  • オリジナルフォトカードがプリントできる専用端末(東京ドームのコンコース内に設置)。「Twitter」「Instagram」「Facebook」にハッシュタグ「#TOKYOGIANTS」をつけて投稿された写真が表示されるので、あとは選択するだけでその場でプリントアウトできる
  • ハッシュタグ「#TOKYOGIANTS」をつけて指定のSNSに投稿された写真は、外野席側のオーロラビジョンに大きく映し出されるチャンスがある!
  • 試合開始前に外野スタンド上のオーロラビジョンで「みんなでアフロ」の説明が。5回裏終了後に観客全員で記念撮影が行われた
  • 大のジャイアンツ好きという女性3人組。40番ゲート内のコンコースに用意されている2016年のチームスローガン「一新」パネルの前で記念撮影!
  • オレンジアフロをかぶって楽しそうに場内を歩いていたジャイアンツファンの男性2人組。突然のカメラにもこころよく撮影に応じてくれた
  • ジャイアンツのユニフォームがバッチリ似合っている女性2人組。手渡されたオレンジアフロをかぶって笑顔でジャイアンツの応援に向かっていった
  • 5回裏終了後に撮影された東京ドームの様子! 試合の勝敗だけでなく、思い出に残る野球観戦になったに違いない

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト