ピンク、オレンジ、紫、水色、黄色の次は?

『笑点』新メン・三平 呼び方は「ベージュ」で決定か

2016.06.06 MON

噂のネット事件簿


番組公式サイトのトップページの画像はいまだ歌丸のまま(6月6日現在) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
桂歌丸の勇退、新メンバー発表と、もはや国民的関心事と化した感さえあった『笑点』の“人事異動”。注目の新メンバー・林家三平の“イメージカラー”が、6月5日放送分で初めて明らかになり、ネットでは「あれを何色と呼ぶ?」と議論になっている。

今年放送50周年を迎えた『笑点』は、大きな変革の年となった。番組唯一のオリジナルメンバーだった歌丸が番組を去ることになり、後任の司会および新メンバーに注目が集中。東西の落語家の名前があがるなか、新メンバーに抜擢されたのは林家三平だった。

司会には春風亭昇太が抜擢され、イメージも一新した『笑点』だが、注目されていたのが三平の着物の色だ。『笑点』の大喜利メンバーはそれぞれ“イメージカラー”を持っており、たとえ名前が分からなくても、着物の色を言えば「あー、あの人ね」というぐらいおなじみのもの。ツイッターでは、

「昇太師匠司会者になって黄色とオレンジと紫がやりたいほいだい」
「今週の笑点で一番面白かったのはピンクが突然矢切の渡しを歌い始めて司会の昇太にそのままスルーされたところですね」
「このスピード感に向って左側の水色、ピンク、黄色がついてこれるのか心配になるw」
「黄色は相変わらず黄色」

と投稿されるなど、笑点の感想を名前ではなく“色”で語る人が少なくない。

初回は黒の着物で登場した三平だったが、2回目以降は「丁子色」の着物で登場することが告知されていた。しかし、三平が丁子色の着物で登場すると、ツイッターには、

「三平の着物は…何色……?」
「三平の着物の色は何色って言えばいいんだろう?微妙な色(笑)」
「林家三平の着物の色はあれなんて言うべきなんだろうか」
「三平さんの着物の色www何とも云えんなwww」

と、困惑の声が漏れ、

「三平さんの着物の色、説明難しくない? カフェオレ色とか?w」
「三平さんの着物、コーヒー牛乳色www」
「三平さんの着物は何色っていうのかな? きな粉色?」
「三平師匠クリーム色だ~~」

など、様々な意見が登場。ただし、

「新生笑点、三平の着物はベージュなのね」
「三平さんの着物の色、ベージュかな?」
「三平さんのお着物はベージュで決定かな?」
「三平師匠はベージュって感じかな・・・?」

と、「ベージュ」という声がもっとも多い。まだ意見は分かれているためツイッターユーザーの間で“正式決定”に至ったわけではないが、このままいけば三平の愛称は、「ベージュ」に落ち着く可能性が高そうだ。

(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト