女優からアパレル分野まで活躍するNMB48メンバー

藤江れいな「一緒に全力で騒げる男性と付き合ってみたいですね」

2016.09.16 FRI

今週の彼女

藤江れいな
1994年千葉県生まれ。2007年「AKB48 第一回研究生(4期生)オーディション」に合格し、翌年チームAに昇格。14年NMB48チームMへ移籍。15年キャプテンになる。コラボレーベル「and R」は自由が丘のアパレルショップ「AS Rabbit」のオンラインショップで購入可能! 9月20日から秋冬コレクションがリリース予定。主演する台湾映画『恐怖的真相』( 日本語表記は『恐怖の中身』)はまもなくクランクイン。謎の女性“妖”を演じるとか。2017年6月ごろからアジア各国で順次公開予定!

藤江れいなが感じた、関東と関西の男性の“違い”とは!?


NMB48に所属する藤江れいなちゃんがこのたび挑戦したのは、洋服のプロデュース!「AS Rabbit」というアメカジブランドとコラボして、「and R」というオリジナルレーベルを展開。メンズアイテムを中心に、春夏コレクションに引き続き、秋冬でもリリースされる。

――もともとファッション好きだそうですね?

「そうなんです! この4年くらい、毎日Google+で私服をアップし続けていて、何かのお仕事に繋がれば…と思っていたんですが、夢が叶った感じです。前回(春夏コレクション)は初めてということもあってアドバイスをもらいながら関わったんですが、今回は自分で積極的にデザインをさせていただきました。カジュアルな服が好きで、普段使いにちょうどいいウェアやアイテムをたくさん作りましたよ」

――たとえばどんなものを?

「れいなという名前を思わせる『ROUTE 017』をプリントしたり、胸元にRを入れたり、アイドルグッズのようにキャラクター性を主張しすぎないようにしました。あとはちょっとダボッとしたシルエットにしています。女の子が着てもきっとかわいいですよ。いろんな人に着てほしいですね」

――じゃあ、男性にはどんなコーディネートをしてほしい?

「私、プルオーバーのパーカーが好きで、実際にアイテムも用意しているんですが、男性にも着ていただけたらキュンとしちゃいます。メンズファッションはそこまで詳しくなかったので、ファッション誌を徹底的にチェックして、トレンドを勉強しました」

――ところで、海外の映画作品に出演するらしいですね。ファッションと女優業に力を入れていきたいとのことですから、まさに絶好調じゃないですか!

「ありがとうございます(照れ)。今回は台湾映画で、けっこうホラー寄りの作品になると聞いています。台湾にはミュージックビデオの撮影などで何度か行っているので、大好きな場所なんです。ただ、言葉の壁が…」

――じゃあ勉強中?

「そうなんです。台本が上がっていないので、CDが付いてるテキストを買って、あいさつから勉強しています。かなりセリフが長いらしく、音楽を聞かずに毎日台湾語を聞いていますよ」

――じゃあ東京と大阪に加えて、台湾にも親しめそうですね。そういえばNMB48に加入して2年になるけど、大阪に詳しくなったのでは?

「自転車でいろんなところ行ってますよ。特にユニバーサルスタジオジャパンの年間パスポートを2年連続で買いました」

――なんと! 千葉出身なのにすっかりUSJにハマっているんですね。じゃあもし彼氏ができたら、USJでデートしたい?

「それは絶対ですね。あとは逆に、大阪市内のベタな観光スポットを見ていないので、一緒に行きたいです。かに道楽やグリコをちゃんと見たい(笑)」

――関東と関西の男性は雰囲気が違うじゃないですか。どっちが好み?

「どっちも好きです(笑)。ただ、確かにぜんぜん雰囲気は違いますよね。関西のファンの方って、握手会の10秒の間で『一発ギャグやります!』とか、アピールがすごいですけど、東京の方はシャイな印象です」

――じゃあ関西の男性を、千葉で案内するとしたら?

「連れて行きたいところいっぱいあるんですよ! 九十九里浜でハマグリ食べて、マザー牧場とかも。でもやっぱり千葉県民としては、ディズニーランドに連れて行きたいですね。カチューシャしておそろいのTシャツ着て、全力で騒ぎたいです。そういうテンションを共有できる人と付き合いたいですね~(遠い目)」

吉州正行=取材・文/春日英章=撮影

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト