CMや楽曲も放送時と変わらずそのまま!

「radiko」タイムフリー始動に「神すぎる!」と大絶賛

2016.10.17 MON

噂のネット事件簿


ログインしなくても無料で利用できるradiko.jpのタイムフリー機能 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
インターネットやスマホのアプリで民放ラジオを聴くことができる「radiko.jp」(以下ラジコ)の「タイムフリー聴取機能」の実証実験が10月11日からスタートし、ネット上で大絶賛を受けている。

「タイムフリー」とは、過去1週間に放送された番組を後から聴くことができる機能。聴き逃してしまった番組や、放送後にSNSなどで話題になっている番組などを、無料で聴くことができる。タイムフリー機能で番組を再生した場合、再生から3時間以内であれば途中で停止したり、巻き戻したりすることも可能。ただし、3時間を経過すると再生できなくなる。

また、一部の例外はあるようだが、基本的にはCMや楽曲も放送時と変わらずそのまま聴くことができる。ラジオ番組をポッドキャストなどの形で、インターネット配信する場合は楽曲が流れないことが多いので、この点は大きな違いといえるだろう。

そんなラジコのタイムフリー機能。導入前から期待も大きかったが、実際にスタートすると、ツイッターには、

「radikoのタイムフリー配信やべえな・・・一週間いつでも聞きたいときに聞けるって革命的だわ」
「radikoやばいな やっぱタイムフリー機能付いたのはでかいわ 神すぎる」
「radikoのタイムフリー機能、これ休日出勤とか残業のお供として最強だなこれ。素晴らしい」
「radikoのタイムフリー,今初めて使ったけどすごいな。 ラジオの聴き方が根本的に変わるわ」

など、とにかく「神機能」だという意見が多数寄せられている。

ただ、やはり1番組につき3時間以内の1回限定の再生という点については、

「radikoのタイムフリーすごく良いんだけど、3時間で聴けなくなるのはだるい」
「radikoのタイムフリー、良いですね。ただ聞き始めたら3時間以内で聞かなきゃいけないのは何とかしてほしい」

と、不満もある様子だ。

しかし、日本全国のラジオ局を聴くことができる有料プレミアム会員になることで、制限を緩和する裏技もあるようだ。ツイッターには、

「早速radikoのタイムフリー機能を使ってまた聴いてるけど、3時間縛り端末ごとに違うらしいし放送局もカウント別みたいだからプレミアムなら何回も聴けるみたいっすねー」
「radikoのタイムフリーでひとつの番組は3時間以内限りだけど、radikoプレミアムでネット局を駆使すると放送局数×3時間だけ聴けるのかあ。最強」

との報告もあり、全国のネットの番組であれば、同じ番組を違う放送局で再生することで、3時間を超えても複数回聴くことができるというわけだ。

3時間制限への不満こそあるが、ひとまず大好評のタイムフリー機能。冒頭で記したようにあくまで実証実験のため、本格導入時に今回とまったく同じ仕組みであるかは不明ではあるものの、Twitterでの反応を見るかぎり、これまでラジオをあまり聴かなかったという人々へも大きなアピールとなりそうだ。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト