あの必殺技がゲームで忠実に再現される!?

『キャプ翼』新作アプリゲームの内容に早くも期待の声

2017.03.28 TUE

噂のネット事件簿

作者の高橋陽一氏も「キャプテン翼を読んだ方も十分楽しめる内容」と太鼓判を押す ※この画像はサイトのスクリーンショットです(公式サイトより)
人気漫画『キャプテン翼』を題材にした新作スマートフォン向けゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の概要が3月25日に明らかになった。ネットでは喜びの声であふれている。

『ファミ通App』など複数メディアによると、この日、開発元のKlabは新作ゲームラインナップ発表会「KLabGames NEXT VISION」を開催。友達や全国のプレイヤーとのオンライン対戦が可能であることをはじめ、『キャプテン翼』らしい必殺技、原作の追体験の3つに重きを置いて開発を行ったという。また、必殺技の移植や選手育成を行って自分だけのオリジナルドリームチーム作成なども可能なようだ。

公開されたオリジナルオープニングムービーでは、新田瞬の隼シュート、日向小次郎のタイガーショット、立花兄弟のスカイラブハリケーン、若林源三のSGGKキャッチなどの必殺技が迫力あるアニメーション映像で再現されている。ボイスについても、アニメ放送時の声優陣が出演するという。Twitterでは、

「めっちゃテンションあがった」
「キャプテン翼の新作ゲームが楽しみでならない…!」
「キャプテン翼のゲームが再現度が素晴らしい。ゲームはファミコンの正当後継で泣ける」

と期待の声が相次いでいる。

「くっ!ガッツが足りない とかでるのかな」
「『スタミナ』って項目がみえるけど『ガッツ』の間違いだろ」

と過去にファミリーコンピュータなどで発売されたテクモ版のゲームをネタにする声もあった。

『キャプテン翼』は高橋陽一氏による大空翼を中心にサッカー少年たちの活躍と成長を描いた作品として、サッカーブームをけん引した大人気サッカー漫画。1981年から『週刊少年ジャンプ』で連載がスタート。その後、『キャプテン翼 ワールドユース編』や『キャプテン翼 ROAD TO 2002』などを経て、現在は、『グランドジャンプ』で『キャプテン翼 ライジングサン』が連載中だ。

年内に配信予定とされるこのアプリ。大人気の原作を忠実に再現するこだわりをみせていることから、特に往年のファンにとってはたまらないだけに、“スマホはともだち”状態が避けられなくなりそうだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト