人は恐怖を感じると誰かを求める!?

夏だ!ホラー映画だ!!女の子を口説ける映画はコレ

2006.07.13 THU

脳天直下のうだるような暑さになってきましたね~。しかし、これこそが夏! 仕事帰りに冷たいビールをゴクゴクっといく爽快感は格別です。この季節ならではの楽しみを大いに享受したいものですが、今年は夏の風物詩の一つでもあるホラー映画でお目当ての女性とフォーリンラブ(笑)なんてどうでしょう?

まずは公開中の『バタリアン4』。3大ゾンビ映画の一つといわれているこのシリーズ(この映画から“オバタリアン”という言葉も流行しましたよね)の続編が13年ぶりに復活! 米軍が密かに開発した化学兵器の実験台として誘拐された友人を救うため、主人公が人間の脳を食らうゾンビの群れに殴りこみをかけるっ! ラストは全身に凶器を埋め込んだゾンビ兵士まで登場。つっこみどころも満載なので、女の子とライトに楽しむのにオススメ。

お次はフランス発のスプラッター(血みどろ)・ホラー『ハイテンション』。残虐シーンとあまりの血量の多さに日本では上映禁止になっていた本作がいよいよ解禁。

「正統派ホラー映画の本作は、血しぶきが飛ぶなど残酷なシーンもありますが、ラストは謎解きのような要素もあるので女性も楽しめるのでは」(宣伝担当・奥谷さん)

個人的に大注目なのは韓国ホラー『グエムル―漢江の怪物―』。正体不明の巨大怪物〈グエムル〉にさらわれた娘を取り戻すため、漢江へと向かう一家の運命を、心の根底をえぐる韓流ホラーがどうアレンジするかホラーが苦手な私でもすごい楽しみ。

心理学者のサーノフとジンバルドによると、人は恐怖の場に直面すると他者を求める“親和欲求”が急速に高まるんですと。映画館で、キャー→ヒシッ→ムフフなんて妄想が入道雲のようにムクムク膨らんじゃいますが、問題は“ホラーが苦手な彼女が誘いに応じるか”ということ。ま、その気がない子にはきっぱり断られるでしょうが、OKだったら結構脈アリかも(ホラー好きなだけだったりして)!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト