映画『ハンサム★スーツ』で考える…

やっぱり外見?気持ち派?女子のホンネを聞いてみた

2008.10.23 THU



(C)2008『ハンサム★スーツ』製作委員会
着るだけでハンサムになれるスーツがあったら。そんな夢みる男性の飽くなき妄想をテーマにしたドタバタ・ラブコメディが、映画『ハンサム★スーツ』!

デブでブサイクな主人公・琢郎(塚地武雅)が、ある日、ハンサム・光山杏仁(谷原章介)になれる特殊なスーツを手に入れる。それまでブサイクが故にチカンに間違えられたり、くしゃみをすると心配どころかバイキン扱いされていた琢郎は、積年の恨みを晴らすべく、ハンサムになってモデルとしてブレイクを果たし、女性にモテモテのハンサムライフを謳歌するのだ!

モテない男性には垂涎のこのスーツ、映画の中では「洋服の青山」で手に入るけれど(笑)、素のままで頑張っている容姿に自信がない男性はどうしたらいいのか。『ブスの瞳に恋してる』の作者であり、『ハンサム★スーツ』の脚本を担当した放送作家の鈴木おさむさんに聞いてみました。

「R25読者の皆さんもお気づきと思いますが、仕事のデキる、頑張る女性が増えています。ということは、疲れている女性も多いということ。これからは容姿にかかわりなく癒やせる男性です! 料理がうまい、マッサージが格別そんな癒やしを上手にナビゲートできる男性なら、ブサイクでもモテていくと思います」

なるほど。容姿に関係なくモテるスキルってあるのかも! ということで『L25』読者にアンケートをとった結果、6割の女性が顔がイマイチだと思った男性と交際したことがあるとのこと。詳しい交際理由は下表を見てもらうとして、容姿に自信がない男性でも心がけ次第で春はすぐそこなのかも!?

実は映画でも、気持ちの優しい性格ハンサムなブサイク琢郎に好意を寄せる女性はちゃんといる。だが、ハンサムな杏仁となって華やかな世界に夢中になっている琢郎は、果たして身近にある小さな幸せに気づくことができるのか。小ネタにニヤリとしつつ、彼が最終的に選んだ人生を劇場でチェックしてみるべし!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト