万が一のためのファッション講座

第7回 実用&モテから考える旅ファッション

2009.04.24 FRI

万が一のためのファッション講座


ミズノから発売されているアーチハンモックシリーズの靴下。クッション性に優れた素材が、足への衝撃を和らげてくれる。疲れると下がってきてしまう土踏まずを、下がらないように支えてくれる。アウトドアはもちろん、都市部の旅でも歩き回る人には最適な商品です。

機能重視の旅ファッション選び



みなさん、海外旅行に行くときは、どのようなファッションで行きますか? あまりたくさん洋服を持って行けるわけじゃないので、コレというものを持っていきたい。それならば少ない数で便利なものを重視したいけど、どんなアイテムがいいの? 旅のプロであるJTBの意見を取り入れてトラベルファッションの商品開発に携わったミズノの広報、布施夏七子さんに聞きました。

「ポケットが多めで大きめのジャケットなどを1着。それがジッパーやボタン付きだったり、内ポケットならなおさら良いです。旅ではパスポートなどの重要なものを持ち歩くので、セキュリティ面は大切です」

ポケットにパスポートやらデジカメやら入ってしまえば、確かにラクラク。でももっと荷物が多い場合に、特に気になるのがバッグです。ウエストポーチはちょっぴり恥ずかしいし、どんなバッグがいいですか?

「バッグもやはりセキュリティ面が重要です。インナーポケットやファスナーは絶対。あとはサイズです。機内に持ち込むものを想像してください。例えば私の場合は、機内で履くスリッパ、ペットボトル、雑誌1冊、寒くなったときのためにカーディガン。自分の必需品がすべて入るバッグじゃないと意味がありませんよね」

例えば僕は、ポータブルゲーム機とオーディオプレイヤーと文庫2冊(気分によって変える)とノートパソコンと手帳(電子機器は、離着陸時は使いませんよ! ケイタイももちろんオフ!)。かなり大きめなリュックを想像してしまいました。ここから改良する必要があるかも。

ところで、ボクは旅行すると平気で何駅分も歩いてしまうんですが、歩きすぎて夜になると、足がパンパン。そんなときのナイスなアイテムはないでしょうか?

「長く歩くと、乳酸などがたまって、土踏まずが下がってきます。そうすると指先がうまく使えなくなってきます。そこで、土踏まず部分が締まっている、山登り用などの靴下を履くといいと思います」

わかるっ! 一日歩くと、土踏まずのあたりがすごく痛くなってきます。それが靴下で軽減できるとは! 機能的なアウトドアウェアは旅に便利だろうなとは思っていたけど、機能性靴下なんて、本気アウトドア/スポーツのときに履くものだと思っていました。ん? ということは、機能性下着なんかもアリ?

「そうですね。下着やインナーなども、アウトドアやスポーツなどのハイテク素材を使ったものがオススメです。吸湿・速乾性のある商品なら、夜洗って干しておけば、朝には完璧に乾きます。これならそんなにたくさん持っていかなくても大丈夫ですよね。肌に密着する部分なので、誰でも気になるところ。海外は当然気候が違うので、下着やインナーが体温や汗をコントロールしてくるのは便利だと思います」

見た目を気にすることも大切だけど、快適さもすごく重要かも。特に、下着や靴下が蒸れたりしている、あの何とも言えない不快感はタマリマセン。現地で気持ちよく過ごすことができてこそ、楽しい思い出が残ります。それには機能的ウェアやハイテクインナーがあればオールOK。さて僕は、ハイテクソックスでも履いて、徒歩で、目黒区の事務所にでも行ってきます(涙)。
ミズノとJTBのコラボレーションから生まれたアレルビート・トラベルカバーオール。抗アレルゲン加工繊維を使用し、動きやすいストレッチ素材、撥水加工など、アウトドアな機能が満載。そのうえ、ポケットもたくさん付いているから収納もたくさんできて旅に便利。襟付きジャケットなら、これ一着で、旅先のいろいろなTPOに対応してくれそうです。

モテ旅ファッションを知りたい!



旅はやっぱりリゾラバです(古)。え~、バブルをまったく知らない人に説明しますと、リゾートラバーズの略で、旅先である海外での恋愛ウンヌンってお話です。つまり、旅は開放的! いろいろとゆるんで、モテ機会もアップするという噂です。でも、実際にそんな経験まったくない筆者。まず「そもそも旅に出会いを求めていますか?」という質問を男女にぶつけてみたところ、約8割が「YES」と答えました。まずは女性の意見から。

「いままでも旅での出会いが一番多かった(笑)。特に沖縄。沖縄は出会いの宝庫です。だから、旅先の出会いは期待しまくります!」(25歳女性・シンガー)

「旅先の方が開放感があるし、その場限りというのもポイントだと思う。特に一人旅の時は強く感じますね」(30歳女性・インテリア関係)

「旅先の恋はそんなに期待しないですね。その場限り限定なら(笑)」(29歳女性・美容師)

おぉ! 旅に出会いを期待するどころか、「その場限り」なんて、気になる単語まで飛び出しました! やはり旅ってミラクル。では、本題。どんなファッションがトキメキますか?

「旅先で日本人男性にときめいたことは、残念ながらない(笑)。海外に行くと、まったく日本人に魅力を感じません」(28歳女性・アパレル)

「TPOが大事。カンボジアのジャングルでIT社長みたいな格好してる人を見かけたけど、暑苦しかった」(31歳女性・学生)

女性からはなかなか厳しい意見ですが、以下、男性からの声を聞くと、なんとも情けない姿が透けて見えます。これじゃ外国人に負けて当然でしょう。

「普段とほぼ変わらないです。普段から古着を着ることが多くて、周りから見ると汚く見えるらしく、ロンドンでは某老舗デパートに入店を断られたり、美術館でスリに間違えられたりしたことがあります」(33歳男性・建築関係)

「リゾートなら、動きやすくて貧乏くさい格好。都市エリアでは、いつもと変わらない」(33歳男性・デザイナー)

旅先での出会いに期待するなんて言いながらも、そのための努力は全然ナシ。旅でもオシャレしてください、みなさん!(自戒も込めて)。でも、旅って荷物を少なくしたいし、動きやすい服がいい。でもオシャレしたい。そして出会いたい。そんな都合のいい服はありますか? 旅のプロであるJTBの意見を取り入れてトラベルファッションの商品開発に携わったミズノの広報、布施夏七子さんに聞きました。

「旅行だと、短期間でいろいろな場所に行きます。アウトドアを遊んだり、美術館に行ったり、レストランでディナーしたり。機能面だけ考えると、アウトドアやスポーツものなどのラフなものになってしまいがち。でもそれだとドレスコードが多いヨーロッパでは、対応しきれません。TPOをわきまえていないのはかっこ悪いですよね。ちゃんと襟がついていて、なおかつ軽い、撥水加工、シワになりにくいなど、機能性も高いジャケットなどがあると便利です」

アウトドアの機能性と、テーラードなしっかり感。両方を兼ね備えたアイテムは、確かに旅において重宝しそうです。例えば写真のようなジャケットなら、昼のトレッキングにも行けるし、夜のフレンチディナーでもOK。昼も夜もWモテ。ちゃんとオシャレなものを選ばないと、やっぱりモテそうにないです。

旅だからゆるい格好で良しではなく、旅だからこそオシャレするという心意気で行きましょう! 旅の開放感も手伝って、「その場限り」の情事が実現するかもしれません。その場限りなら、性格とかわからなくても見た目だけで大丈夫そうだし(笑) 旅にキメキメで行くのって、なんか気恥ずかしくないですか?
と、いままでは思っていました。

「おれ、海外でも普通だから」みたいな雰囲気を
出したかったのかもしれません。
無意味にあたふたしているのはかっこ悪いですが、
より快適に過ごすための工夫は必要ですね。

それがモテにつながるなら、なおさらのこと!
みんな旅先での出会いを求めているってことがわかったので、
より積極的に旅に出ることにします!(敬愛するインド以外で)

さて、今回もじゃんじゃん投稿をお待ちしていますよ。
感想を始め、ファッションへの疑問、ナゾ、単なる冷やかしもこの際OK。
よろしくお願いしま~す。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト