電車で寝ている人にもたれかかられても“そのままでいいよ”って思うんです。

海老瀬はな

2009.06.04 THU

今週の彼女

1985年生まれ。京都府出身。05年、松竹110周年記念「STAR GATE」オーディションでグランプリを受賞し、『釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ』で女優デビュー。以降、映画、テレビドラマなどで着実にキャリアを積む。『築城せよ!』は6月20日(土)より新宿ピカデリー他で公開予定。
戦国武将が現代に甦り、段ボールで高さ25mの城をつくる。そんな破天荒なストーリーの映画『築城せよ!』でヒロイン・ナツキを演じるのが海老瀬はなさん。

─ ナツキは、どんな女のコ?

「男っぽいんだけど、頼れるわけでもない。でも一生懸命、突っ走る。そんなタイプです。私の理想の女のコ像で、似ている部分もあり、正反対の役をやるよりも、スッと役に入っていくことができました」

─ 実際に城づくりにも参加したとか。

「撮影が休みの日に、城の壁づくりを手伝いました。一日で仕上げる壁の量がとても多くてびっくり。でも楽しかったです」

─ 休日なのに熱心ですね。

「関心があることにはのめり込むんです。逆に興味がないものは無視しちゃうことも多いんですけど(笑)」

─ では、今興味のあるものは?

「バイク! この前、MotoGP(二輪ロードレースの最高峰)も観戦しました。自分でも免許を持っていて、サーキットでアルバイトをしたこともあります。あ、でもレースクィーンじゃないですよ」

─ バイクのどんなところがいい?

「バイクに乗っている姿がかっこいい。特にコーナリングの時の角度とかヤバイです。キュンとします」

─ 最後にR25世代の印象を。

「若いのにしっかりしていますよね。でも、みんな疲れているなー、という印象もあります。電車でも寝ている人が多いし。だから、隣の人が寝ちゃって私の肩にもたれかかられてもそのままでいいよって思うんです。謝る人もいますけど、ゆっくりしていて、全然いいですよ」

/ 田沢健一郎=取材・文text KENICHIRO TAZAWA / SERIKA=スタイリストstylist SERIKA / Nico=ヘアメイクhair&make NICO

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト