iPod touch & iPhoneアプリのセカイ

第7回 iPhoneで頭をリフレッシュ!

2010.04.14 WED

iPod touch & iPhoneアプリのセカイ


たった10分の仮眠でも驚くほど頭がスッキリ。「mind Wave」には、「Relaxation」(リラックス効果)、「Headache Treatment」(頭痛緩和)など10種類以上の曲を収録

カタい頭を解きほぐすiPhoneアプリをご紹介!



あたたかい春の陽気を浴びていると、ウトウトと眠くなったり、ちょっとボーっとしちゃったりしますよね。過ごしやすい季節だけに、つい寝坊なんてことも…。そうだ、iPhoneアプリを活用すれば鈍い頭をスッキリさせられるかも!?

まずは起床。目覚まし時計をセットしていても、アラームを止めた直後に二度寝なんてことも珍しくありません。そこで、「アハ体験」のひらめきで目を覚ますアプリ「目覚まし漢字」(115円)。アラームを止めるためには、同じ漢字が並んでいる中で、1文字だけ違う漢字を見つけださなくてはいけません。寝起きと同時に脳を活動させることで、二度寝を防止!

お次は、ボーっと過ごしがちな朝の通勤時間! 単純な計算を反復練習することで脳を活性化させることができるアプリ「全脳トレ -東北大学川島隆太教授監修-」(600円)で、まだ寝ぼけている脳を目覚めさせます。日々の積み重ねで、頭の回転が速くなるメリットもありそう。
左=寝起きの脳を刺激する「目覚まし漢字」。「眠」の漢字が並ぶ中、1字だけ「眼」になっている。右=ニンテンドーDSでも大ヒットを記録した「全脳トレ -東北大学川島隆太教授監修-」
朝は乗りきれても、睡魔は昼食後や仕事中にもおそってきます。昼休みに短時間かつ有効な昼寝タイムを取るためにオススメなのが、周波数の違う2つの音を左右の耳から入れることで脳に刺激を与えることができる“バイノーラルビート”を再現するアプリ「mind Wave」(230円)。アプリに収録されている「Sleep Induction」(睡眠誘導)という曲を聴くことで、まぶたが重くなってお昼寝モードに…。周りを気にせず、睡眠に集中することができました!

昼休みが終わったら、山や海などの大自然の音を流すことができるアプリ「Custom Sounds of Nature」(115円)を使って、お昼寝モードから一転、仕事モードに切り替え完了! iPhoneアプリを活用して眠気をコントロールすれば、ヤル気や集中力が向上した気がします。頭がスッキリしたところで、午後の仕事をガンガンこなすとしますか~! iPhoneについて、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト