プロ推薦!iPhone & iPadアプリ

第3回 構成作家推薦! iPhoneで“ひらめき”術

2010.06.16 WED

プロ推薦!iPhone & iPadアプリ


「企画書の管理は、クラウド上でファイルの管理ができるアプリ『Dropbox』(無料)がオススメですよ」と若林さん。PDFに落とした企画書を入れて持ち歩けば、どんなシチュエーションでも披露することができます!

構成作家が選ぶ「アイデアを出すためのiPhoneアプリ」とは?



テレビ・ラジオの番組やお笑いライブなどの企画・構成をする構成作家。無数のアイデアを考えたり整理したりするため、iPhoneアプリを活用している作家が増えているのだとか。彼らのテクニックを学べば、僕でもアイデアマンになれるかも!? というわけで、アプリを活用した“アイデア発想術”を構成作家の方々にお聞きしました!

「100本の企画書を出して、1本通れば御の字という厳しい世界なので、日々の情報収集は不可欠。そこで、日ごろ利用しているのが雑学や小ネタをインプットすることができるアプリ『チエビジョン』(無料)。Yahoo!知恵袋のQ&Aをランダムに眺めていると、世間の人がどういったギモンのタネをもっているのかが分かります。同じように企画を考える職種であれば、思わぬ発想がひらめくかもしれませんよ」と話すのは、ビスケット・エンターテイメントの構成作家・若林ひろあきさん。

確かに、いろんな小ネタをストックしておけば、いざという時に役立ちそうですもんね。ほかにも、テレビや雑誌を見ていて気に入ったキーワードやフレーズを単語帳のように保存することができる「むら単」(230円)も必須アプリだとか。会議で行き詰まったときなど、単語帳をランダム表示で眺めていると、キーワード同士を組み合わせることで、ひとつのアイデアにまとまることも珍しくないそうですよ。
左=発想術をサポートするアプリを取り入れたホーム画面を作ってみました! Twitterに投稿したつぶやきを日記のように管理できるアプリ「Moment」(350円)は、「自分の思考を手軽に振り返ることができるので使い勝手がいい」(若林さん)とお気に入りだそうです。右=頭の中の情報整理にも役立つアプリ「iMandalArt」。テキスト以外にも写真や音声メモを各マスに配置することも可能です
また、発想術アプリの中で人気な「iMandalArt」(1500円)を活用している構成作家も多いみたい。9マスのマス目の中央にテーマを書き込み、その周囲のマスにテーマから連想される言葉を書き込んでいくことで、アイデアを広げていくことができます。浮かんだキーワードを組み合わせてイメージすれば、意外な発想が生まれるんだとか!

さらに世の中の声を拾うため、Twitterのつぶやき検索が可能なアプリも構成作家ならではの活用法があります。 「興味」や「気になる」、「おもしろい」といったキーワードで検索をすることで、みんながどんなことに関心があるのかを調査。「自分がかかわった番組の感想を拾いあげて、企画作りに反映することもあります」と若林さん。鮮度の高い情報は、こういった場に集約されているだけにリサーチに役立ちそう!

ビジネスマンも企画を考える機会は多いはず。こんなアプリを活用すれば、これまでと違った視点の発想が生まれるかもしれませんよ? iPhoneについて、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト