NASAの発表に異論も噴出中

「リンの代わりにヒ素を使う生物」ってそんなにスゴい発見なの?

2010.12.16 THU



写真提供/Altrendo Panoramic/GettyImages
宇宙生物学上の新事実をNASAが発表! エイリアンからの極秘文書でもリークされんの!?と思いきや「リンの代わりにヒ素を使う新種の微生物を発見」という報告。えーと…わざわざ会見やるほどのことなんですか?

「高温、高圧、高酸性、高アルカリ性といった極限環境で生きている微生物はたくさんいますし、鉄や石油を食べる微生物なども見つかっています。しかし、DNAレベルでリンがヒ素に置き換わった微生物は今回が初めての発見だったんです」(サイエンスライター・寺門和夫さん)

地球の生物には共通項があり、遺伝子(DNAなど)や体を構成するタンパク質などにおいては、炭素・水素・窒素・酸素・硫黄・リンという6つの元素で主に構成されているのが常識。それが問題の微生物では、元素の周期表上でリンの真下に位置する(=性質がよく似てる)ヒ素に置き換わっているとのこと。ヒ素には強い毒性があり、基本構造に組み込んで使いこなす生物は見つかっていなかった。以前から、周期表をながめつつ「炭素の代わりにケイ素を使う生物が他の星にいてもいいのにねえ」とか考える学者さんたちはいたけど、なんと地球上で例外ハケーン!! これホントにアリなら意外に何でもアリじゃん? とも考えられるわけで、今回の研究は生物のカテゴリーというか、可能性を拡張するといえるかも。

「私たちは、地球外生命の形態について何も情報を持っていません。リンがヒ素に置き換わっても、地球の生物はDNAが基本だと改めて示しただけだともいえる。たとえば火星やエウロパなどで生命が見つかったりしたら、それらの生命体は、DNA以外の方法で遺伝情報を伝えているかもしれないわけです」(寺門さん)

米『Science』誌のお墨付きだけど、今回の実験手法などには異論や疑問が世界中から巻き起こっているのが現状。けどもし、これまで考えられてたより多様な環境・条件での生命が成立するなら…? 地球外生命への期待、ふくらみます!
(及川 望)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト