あの家電のウソ? ホント?

第7回 スピーカーに重石で音質向上!

2011.01.05 WED

あの家電のウソ? ホント?

音質アップの秘訣は、「オーディオ機器の固定」にあった!



オーディオ機器について、「○○すると音が良くなる!」なんてウワサ、よく聞きますよね。最高級のコンポには手が届かないけれど、工夫次第で良い音が出るなら試してみたい、という人は多いのでは?

というわけで、さっそくネットで簡単な“音質アップ術”を調査。目についたのは、「オーディオ機器の下に堅い板を敷いたり、天板に重石を置いたりして、ガッチリ固定すると音質が良くなる!」というものでした。筆者の周りの音楽フリークに聞いてみても、かなり知られている方法みたい。

でも、本当にそんなことで音が変わるの? 大手電機メーカーでオーディオ製品の開発に従事されてきた、音響のスペシャリスト=矢島幹夫さんに聞いてみました。

「これは本当です。プレイヤーやアンプなどのオーディオ機器は、ぐらつかないようにしっかりとした台に固定した方がいいですね。そうすると、機器を構成するパーツが余計な外部振動の影響を受けなくなるため、音の揺れが減少するんです。具体的には、低音の解像度が向上して、よりクリアに、原音に近い音が楽しめるようになります」

おお! ちゃんと「振動」という根拠があったんですね。それでは、さっそく自室のアンプの上に重石を…。

「それはやめた方がいいと思います。オーディオの天板に重たいものを置くのは、落下による危険もありますし、製品の放熱孔を塞いでしまい、故障につながることもあるので、あまりオススメできません」

なるほど、確かに危ないかもしれません。それでは、オーディオ機器はどうやって固定すればいいですか?

「オーディオ機器と設置台の間に挟む敷物『インシュレーター』を使うといいですよ。金属製など、共振しやすい材質のものを使えば硬質な音に、フエルトなどの柔らかい材質を使うと柔らかい音になる傾向があります。ぜひ聴き比べてみてください」

家電量販店のサイトを見てみると、ハイカーボンスチール製から木製まで、たくさんの商品が出ていますね。値段も1000円台からあるようなので、コンポを買い換えるよりもずっと安上がり。音楽好きのみなさんは、購入を検討してみてはいかがでしょう?

次回も引き続き、オーディオの謎に迫ります!
(橋川良寛/blueprint) あの家電、こうすると直ると聞いたことがある! などの噂、募集中
以下の投稿から、アナタの知っているウワサ、編集部に教えてくださいね

「あの家電のウソ・ホント」シリーズ  他の記事はコチラから

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト