次代を創る!驚異のチャレンジ25連発

宇宙に届く10万kmの超高層建築!?

2012.08.13 MON


画像提供・構想:大林組、取材・文:吉原徹(サグレス)
宇宙エレベーター建設構想/大林組

今年2月、大手建設会社・大林組は2050年までに「宇宙エレベーター」を建設する構想を、具体的な工程表付きで発表した。構想によれば、地上9万6000km(地球2周以上!)に置いた重りから「カーボンナノチューブ」製のケーブルを地球へと延ばし(重力と遠心力を利用してピンと張らせるらしい)、これを伝う30人乗りのカゴが、地球上の海に浮かぶ「アース・ポート」と「静止軌道ステーション」を片道約7.5日間で結ぶという。

また、静止軌道上で宇宙太陽光発電を行い、地球に送電する計画も。これが現実になれば、人や物資を低コストで宇宙空間へと運ぶことができるため、宇宙開発のスピードは一段と加速するはず!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト