R25厳選お役立ちアプリ「RoomRuler」

写真撮影で家具とお部屋を採寸

2012.09.03 MON


家具配置後の配置イメージがわかる!

新しい住まい探しで重要なのが内見。部屋の雰囲気や日当たり、水回りなど、チェックしたい項目はたくさん。意外と見落としがちなのが、ベッドなど大きな家具がうまく納まるかどうか。引っ越し前に押さえておきたい詳細な間取りを、限られた内見の時間内で、効率よく調べるのに役立ちそうなのが、こちらのアプリ『RoomRuler』だ。使い方はカンタン。部屋を撮影してから、寸法線を配置するだけで、その部分の寸法を瞬時に計算。そのまま写真上に寸法を表示してくれる。これがあれば、新しい部屋に自分の家具を持ち込んだイメージを具体的に思い描くことが可能。部屋の良し悪しについて、後日あらためて熟考することができるのだ。


街で見かけた気になる家具の検討資料にも

写真上には、寸法がそのまま表示されるうえ、メモ書きを加えることもできる。画像はTwitterでの投稿が可能なので、部屋の広さや間取りについて、知り合いにアドバイスしてもらう、なんて使い方も楽しめる。測ることができるのは、基本的に「床の長さ」と「床からの高さ」だが、その応用で窓や家具なども採寸可能。新しい住まいに合いそうな家具を見かけた際、その場で写真を撮っておけば、後々ゆっくりサイズを検討しながら家具選びをすることもできそうだ。

※紹介しているアプリの詳細や価格は2011年9月8日時点の情報です

※この記事は2011年09月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト