彼女のベストショットを撮るために…

覚えておきたい写真テク 魅せ撮り

2012.10.11 THU


レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J1」。パスポートより小さいサイズなので、気軽に持ち運べるサイズだ。これを持てば彼女のベストショットを逃さない!
女子会などで最近注目のワードが「魅せ撮り」。その名のとおり、魅力的な表情や瞬間をカメラに収めることだが、この「魅せ撮り」が女子の間では思いのほか重要視されているという。

女子会撮影向上委員会が今年行った調査によると、女子会参加者の約半数(48.7%)が会の途中で写真撮影タイムを設けており、「皆で写真チェックをする」と答えたのはなんとそのうち約9割。目をつぶってしまっているような、うまく写っていないメンバーがいないかどうかすぐにチェックするというのだ。撮った写真はソーシャルメディアにアップしたり、アイコンとして使用する女子も多い。Facebookなどで写真を共有することが一般的になってきた昨今、女子にとっては自身が魅力的に写っているかどうかはとても気になるところというわけだ。

確かにいわれてみると、うまい写真が撮れなくて彼女に不満顔をされることも多いような…。いいシーンを逃さなかったり、彼女の一番かわいいカットを残したり、というのは男にとっては重要なスキルなのかもしれない!

そんななか注目されているのが今年10月にニコンから発売されたNikon 1 J1。コンパクトでありながら一眼レフ並みの高画質というだけでもスゴイのだが、なかでも見逃せないのはその新機能。

「スマートフォトセレクター」機能では、シャッターを押したタイミングの前後20枚をなんとカメラが自動的に記録。その中からベストショットを選んでくれるという。うっかり被写体がフレームから外れてしまったときや、一瞬見せたイイ表情など、ベストショットを決して逃さない。

さらに「モーションスナップショット」機能では、狙った瞬間とその前後のわずかな時間を静止画・動画の両方で同時に撮影。写真はもちろんのこと、オリジナルBGMとともにその場ですぐ、臨場感たっぷりのスローモーション映像作品を楽しむことができる。

このほかにも“これぞ”というカットを残す機能が盛りだくさんのNikon 1 J1は、大事な彼女の表情をキレイに写すにはぴったりのカメラといえるのだ。

女子会のシーンに限らず、かわいく写真に写ることは女子にとって永遠のテーマ。カメラの性能のおかげとはいえ、うまい写真がいつでも撮れる男になれば、彼女も見直してくれるかも!?
(有栖川匠)

※この記事は2011年12月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト