ONで役立つ!

未来マウス?ボタンのないタッチ式

2012.11.16 FRI


カラーは黒、赤、銀、白の4色で、電源は単四乾電池×2本で動作する。クリック音などの操作音が一切ないので、静かなマウスをお探しの人にもオススメ
長くパソコンを使っていると、ふと昔を振り返ったときに周辺機器の進化に驚かされることがある。

10年以上前のマウスは、ボタンも2つでボール式が標準的だったのに、ホイールが付いたり、光学式になったりして、今ではワイヤレスも当たり前になっている。

そんな進化の果てに登場した最新のマウスが「マルチタッチセンサーマウス」だ。このマウス、普通なら緩やかな曲面となっている表面が、なぜか真っ平らになっていて、ボタンもホイールも見当たらない。

ボタンこそないものの、操作方法は普通のマウスとほぼ一緒。横から見て厚みのある方を手元側に、薄い方を指先側にして持ち、普通のマウスで左ボタンがあるあたりをタップすれば左クリック、右ボタンがあるあたりをタップすれば、右クリックになる。

スクロールしたいときは、マウスの表面を縦や横になぞれば、その方向にスクロールし、二本指で左右にマウスをなぞれば、ブラウザーの「進む」や「戻る」といった操作ができる。まるで、タッチパネルとマウスをまんま合体させたかのようだ。

ぱっと見だと、とてもマウスには見えないマルチタッチセンサーマウス。これまで当たり前だと思っていたクリック感がなくなるだけで、なんだか別のものになってしまったかのような不思議な感覚だ。新しい物好きなら、試してみる価値ありですよ。
(青山祐輔)

※この記事は2011年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト