最短1年半で治療ができる?

今から始める歯列矯正の最新事情

2012.09.26 WED


治療はカウンセリングと精密検査を受け、治療プランを立ててからはじまる。完全オーダーメイドのマウスピースは、一般的に1日20時間以上装着し、約2週間ごとに新しいものと取り替えながら治療していく。
「歯列矯正」と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか? 金属を歯につける、お金も時間もかかる、よく子供がやっている…そんなイメージを抱く人が多いのでは? しかし、そうしたイメージは今や過去のもの。最近では大人になってから歯列矯正を始める人も増えているとか。表参道矯正歯科の川崎健一先生にうかがいました。

「当院の患者さんの9割は大人です。大人になって自分の意思で歯列矯正を始めるといった方が多いですね」

大人になってからの歯列矯正は、子供の頃の歯列矯正と何か違いがあるのでしょうか?

「よく、大人になると矯正に時間がかかる、と誤解している人も多いんですが、実は反対なんです。成長途中の子供の矯正は5年以上かかることもありますが、大人の歯は成長が止まっているので、だいたい2年から3年。1年半くらいで終わる人もいますよ」

へえー、大人のほうが短期間で矯正できるんですね。でも、あの金属の針金みたいなやつを歯につけるのは、抵抗感があるのですが……。

「そういう方にオススメしたいのがマウスピース矯正です。金具や針金を使用せず、透明なマウスピースを歯にはめて治療します。見た目も気になりませんし、取り外せるので歯磨きもできます。あとは歯の裏側につける矯正。インプラントスクリューを使えば歯を抜かずに、短い期間で治療することが可能です。いずれの治療もごくわずかな力で歯を動かすので、昔より痛みも少ないですよ」

インプラントスクリューとは、顎の骨にネジを埋め込む治療方法のこと。小さなネジなので、痛みも少ないんだとか。となると、気になるのは、費用のほうですが、全部でいくらくらいかかるんでしょう?

「マウスピース矯正は上下で85万円から100万円くらい。上下の裏側矯正はもう少し高くて130万円くらい。上だけ裏側で、下は表側で矯正すると100万円くらいですね。もちろんローンも組めるので、月々1万円くらいの負担で治療することもできますよ。保険適用外ですが、治療費用が年間10万円以上かかった場合は、確定申告すれば医療費控除も受けられます」

ちなみに歯の一部だけを矯正する、ということも可能なのでしょうか?

「もちろん部分矯正もできますよ。歯並び全体を矯正するより、短期間かつ安価で治療できます」

顔の印象は、歯並びの良し悪しだけで大きく変わるもの。 “見た目”はビジネスにも影響するので、自分への投資と考えてみてもよいかもしれませんね。
(中村未来/清談社)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト