『スター・ウォーズ』の「ランド・スピーダー」が実用化目前

宙に浮いて走る「ホバー・バイク」

2012.11.02 FRI


Aerofex社がYouTube上で公開した動画には、荒涼とした土地をホバー・バイクが走る様子がおさめられている。上の画像は、47秒の動画の12秒目の1コマ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する「ランド・スピーダー」という乗り物をご存じでしょうか? 森林の中をハイスピードで浮かんで走る細長い車体が、ファンの方なら頭に浮かびますよね。白い装甲服を着けた帝国軍ストームトルーパーが1人用ランド・スピーダーに乗り、森林の中をパトロールしていました。

この、いかにもSF的な乗り物が実用化される日が近づいています。先日、米企業がランド・スピーダーに似たホバー・バイクを開発・公開したのです。開発された車体は『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』において、荒涼としたタトゥーインの砂漠を走る幅広タイプのランド・スピーダー(に似たホバー・バイク)。

開発したのはカリフォルニアの航空宇宙関連企業Aerofex社です。同社はホバー・バイク(実用試作機)の写真と動画を公開しています。BGMが流れるスローモーションに見える映像ですが、実際に車体が浮かびあがりホバー・バイクが走る様子がよくわかります。動画を見る限り、車体下の前後についたローター(プロペラ)が生む“浮力”によって車体を持ち上げている様子。通常のバイクと同様、体を傾けることで曲がる方向を操作しています。

公開映像のみでは、ローターが前後2個、どう取り付けてあるかまではわかりません。ローターの付け方は、機体を安定させる技術の肝の部分です。この完成度によって乗り心地もかなり変わってくるはず。ホバー・バイクの映像では砂埃、土煙がまきあがり、少なくとも走行音はかなりの大きさであることが推測されます。

Aerofex社によると、パイロットが受ける砂埃、土煙をいかに防ぐかが、陸上用ホバー・バイクを商品化するポイントとのこと。同社は2008年からホバー・バイクの開発を続けており、今回の試作機の映像を含む関連情報をサイト上で公開しています。

Aerofex社が最終的に目指しているのは、無人ホバー・バイクの開発であり、今回はその通過点と同社はコメントしています。『スター・ウォーズ』シリーズに魅せられてきた世代の1人としては、作品に登場した乗り物がすでに現実のものとなり、実用化も夢ではない段階まできていることに胸がわくわくします。
(西山 昇)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト