「血液型なんて…」と言っているアナタ、ご用心

「血液型」性格診断嫌いはモテない

2012.11.08 THU



撮影/森カズシゲ
「B型って自分勝手な人、多くない?」「A型の上司とはどうも相性が悪くて」…こんな話を耳にすること、よくありますよね? なんといっても日本人は「血液型 性格診断」が大好きな国民。特に女性の場合、「血液型×職場の人間関係」「血液型×恋バナ」は、おしゃべりの肴としてテッパンです。

一方、男性は「血液型なんて…」と斜に構えてしまいがち。特に「仕事がデキる」「忙しい」ビジネスマンほどこうした態度をとってしまうもの。しかし、そんな男性はご注意! 「血液型 性格診断」を冷ややかにみるオトコはモテない!…ことが小誌の調査で明らかになったのです。

R25が20~30代の独身男女400人(男性200人・女性200人)を対象にインターネット調査を行ったところ、まず「血液型と性格の関係」に関する話題が「好きなほう」と答えた男性は48%、女性は75%。改めて女性の“血液型好き”がわかる結果ですが、問題はここから。

男性を「血液型好き」「血液型嫌い」の2グループに分けて「モテ度(※)」を比較したところ、“血液型好き”の男性は「モテない」が72%、“血液型嫌い”は80%と、モテ度に差が! つまり「血液型」の話題を“好まない”男性は、“好む”男性より「モテない」ようなのです。

さらに「血液型と性格の関係」を話題にする頻度と“モテ”の関係を調べたところ、「よく話題にする人ほどモテる(=話題にする頻度が少ない人ほどモテない)」という結果に!

“血液型”を話題にする頻度を「まったくしない」「めったにしない」「たまにする」「よくする」の4段階に分けて集計したところ、「モテる」と答えた男性の割合は、18%→22%→27%→31%と、よく話題にするほど多いことがわかったのです。

どうです、男性の皆さん? 「血液型なんて…」と斜に構えていられませんよね?

ついでに今回、「“血液型と性格の関係”について話題になった際、“科学的根拠がない”などと否定する男性をどう思うか?」と女性に聞いてみたところ、最も多かったのは「つまらない」(40%)という答え。「冷静」(29%)という評価が2番手につけたものの、3位には「頭が堅い」(27%)という声が入るなど、なかなか手厳しい。

実際、女性陣からは、

「血液型性格診断を本気で信じているわけじゃないけど、話のネタとして盛り上がっているときに、水を差すようなオトコは心が狭くて嫌」(24歳・会社員)
「お互いの性格を知るきっかけになるから、そこは乗っとけ!って思う。そこで乗れないオトコとはたぶん付き合わない」(27歳・公務員)

…など、説得力のあるご意見も。

しかしながら男性としては、“血液型”について何を話せば…と戸惑うのも事実。この手の話題に馴染んでいないと、話に詰まってしまうことも。

「血液型性格診断の話題って、要は“あるある”なんですよ。“言われてみたら、自分にはそういう傾向があるかも”とか“あの人、そういうところあるよね”といった、ちょっとした発見や共感があるとウケる。今さら“A型は几帳面、B型自己中”って話しても面白くないけど、“B型って、右と言われれば左、みたいなとこあるよね?”とか、“緩んでいるネジを見ると締めたくならない? ――A型でしょ?”みたいに、ディテールを突くと、ウケるんです」

そう話すのは、“合コンの猛者”を自認する会社員のSさん(28歳)。ちなみにSさんによれば、前述のネタは、585万部の大ベストセラーになった『B型 自分の説明書』シリーズ(文芸社)からの“引用”。同書のネタは“あるある度”が高いため、「合コンはもちろん、職場の会話でも使える」のだとか。

「合コンでどれだけ世話になったか(笑)。今度、続編が出るから、絶対にまた買おうかと」(Sさん)

「血液型性格診断なんて」とクールにふるまってきた男性の皆さん。そのクールさは“誰得?”か冷静に考えたほうがよさそうですよ。

※モテ度:アンケート回答者の自己評価
(目黒 淳)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト