これぞホントの“顔パス”です!

顔認証でロック解除するスマホ登場

2012.12.19 WED


筆者のそっくりフィギュアを使って顔認証を試みましたが、さすがにそれは通りませんでした。しかし人形の顔をパスとして登録することは可能です
撮影/熊林組
10月に発表され、2012年冬春モデル以降のスマートフォンに随時導入されるという次期Android OS 4.0。使い勝手や操作性の強化にくわえ、話題を呼んでいるのが顔認証を利用した画面ロックの解除機能「フェイスアンロック」。ユーザーの顔がパスになるなんてまるでSF映画のよう。早速使ってみたい!というわけで

グーグルのOS 4.0初搭載機・Galaxy NEXUSを触ってみました。

初期設定は、内側カメラを利用し画面に表示された楕円形のガイドラインに自分の顔をあわせるだけ。以降は画面スリープからの復帰時にカメラが起動し、鏡に自分の顔を映すように液晶画面に向かいあえば、画面ロックが解除されます。これ、どんな仕組みなんでしょう?

「簡単にいうとデジカメで利用される顔認識システムと同じような技術を使っています。カメラで顔の各パーツの相対的な形や大きさ、位置などの目立つ特徴を座標データとして抽出し、登録された顔と同じかどうかを判別しているんです」(グーグル広報部)

座標データによる認証なので、端末内に顔写真を保存しているわけではないのだとか。そのためメガネやヒゲの有無、変顔でも認証には差し支えがないそう。

「ただ現状、フェイスアンロックはあくまで実験的な機能として、Galaxy NEXUSを楽しんでいただくために提供しているので、セキュリティの高い機能としてはご案内していないことをご注意くださいね」

実際、ユーザーの顔写真でもロックが解除されてしまう事もある。なのでグーグル側は暗証番号やパターン(画面をなぞる軌跡)によるロックを推奨しています。顔認証がパスワード代わりに使えるようになるのはもう少し先のこととなりそうです。ただ、この顔認証技術に使われている顔検出機能は一般のアプリ開発者にも公開されているので、今後面白いアプリが登場する可能性もアリ。まずはそちらに期待しましょうか。
(熊山 准)

※この記事は2011年12月に取材・掲載した記事です


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト