もはや長さを競うだけ…?

世界でいちばん長いドメインって?

2013.04.02 TUE


世界最長のドメインでメールアドレスを取得できるサービス。口頭で人に説明するときに大変そうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日々世界中で増大するウェブサイト。世界一古いドメインは、1985年3月15日にあるインターネット会社によって取得された「symbolics.com」だという。それから27年たった、今年3月8日、アメリカの大手プロバイダーVerisignが発表したところによると、2011年第4四半期末におけるトップレベルドメイン(※)全体の登録ドメイン名の件数は、2億2500万件。1年間で2400万件以上増加しているといい、人気のドメインについては争奪戦がおこなわれているという。そんななか、世界には「世界一長いドメイン」を競う人たちもいる。

そもそもドメインには、「www.」と「.co.jp」に挟まれた、第3レベルドメイン(※)が63文字以下、ドメイン名全体の長さはピリオドを含めて255文字以下という制限があるため、どうがんばっても上限はあるわけだが、なんとか最長のドメインを作ろうとあらゆる方法にトライしている。たとえば、

・「世界でいちばん長いドメイン名とかなんとかかんとか.com」
http://www.thelongestdomainnameintheworldandthensomeandthensomemoreandmore.com/
・「円周率.com」
http://3.141592653589793238462643383279502884197169399375105820974944592.com/

などなど。実際サイトをみてみると、世界最長のドメイン名に挑戦したということが語られているものの、ドメイン名と関連のないものが掲載されているのみで、ドメイン名をつけるところで、力尽きているものが多いようだ。

ちなみに、イギリス北部の島にある、世界一長い1語での駅名を持つ街は、その駅名を入れたウェブサイトを運営している。第3レベルドメインが60文字で、URLはこうだ。

http://www.llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwyll-llantysiliogogogoch.com/

駅名を読むと「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」と、覚えるのも大変そうだ。このサイトには専用フォームがあり、世界最長のドメイン名から友達にメールを送ることができる。

ドメインに加えて、サイトのサイズにおいて、世界一を自負するサイトがある。まず、「世界一長い」サイトはおよそ19キロメートルにも及ぶという。同サイトでは「スクロールを楽しんでね」とうたうが、ネット上にはこのサイトの画面キャプチャを試みる人々が続出。サーバーがダウンしたという報告動画があがっている。

「世界一小さい」サイトでは、アクセスし、目を凝らすと、真っ黒な画面の中、1ピクセルの点が点滅しているのがわかる。マウスのポインタが変わった瞬間にクリックすると、同サイトの説明ページに飛ぶ仕組みになっている。

ちなみに、自分も世界一を味わいたい!という人には、aからzまでのアルファベットが2回半繰り返され、第3レベルドメインが全部で63文字の、世界でもっとも長いドメインでメールアドレスを無料で取得するサービスもある。試しに取得してみると、ちょっとした自慢になるかもしれない。

※トップレベルドメインとは、下記URLの「.jp」または「.com」、また第3レベルドメインとは、「example」の部分をさす
・www.example.co.jp
・http://example.com

※この記事は2012年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト