スマホキーワード

ボカロに天気…ARアプリ最前線

2014.03.06 THU


目の前の空間でボーカロイドのライブを開催 「Tiny AR lite」(Android・iOS/無料) 自室や手のひらの上などで元気に踊るボーカロイドたちを、あらゆる角度から楽しめる。画像は「天羽ソラ」。より多くのキャラを購入できる「Tiny AR2」(Android/無料)も好評
「AR」とは「Augmented Reality(拡張現実)」の略で、現実の映像にディスプレイ上でグラフィックを重ねる技術のこと。この技術を利用した「ARアプリ」が多数登場している。「Tiny AR lite」は、人気ボーカロイドキャラクターたちのダンスが楽しめるアプリ。スマホのカメラを介して、好きな場所でキャラクターたちを踊らせることができる。「アメミル」は気象情報を視覚化してくれるアプリ。雨雲の予報を映像にして景色と合成する。また、サービスにARを取り入れる企業も。三省堂書店とBookLiveはアプリ「ヨミCam」をリリース。本の表紙にスマホをかざすと関連情報を閲覧でき、電子版の購入も可能。今後もAR技術は幅広い分野で活用されそうだ。

  • どれほど激しい雨が降るのか一目瞭然 「アメミル」(iOS/無料)

    強い雨雲の接近をプッシュ通知したうえで、どれほどの強さの雨が降るのかをリアルな映像で見せてくれる。お出かけ時の服装選びなど、雨対策に役立ちそうだ。Android版も公開予定

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト