ネット界の“旬”なニュースをお届け!

クロームキャスト ネットの評判は

2014.05.29 THU

噂のネット事件簿


使用方法は差しこむだけ。テレビでオンライン動画の閲覧が簡単に ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Googleが、ネット動画をテレビ画面で見られる「クロームキャスト」を5月28日に発売し、ネットユーザーの間で話題となっている。

アメリカでは2013年7月に発売され大人気となったクロームキャストは、オンライン動画を、テレビ画面で見ることができる機器。動画サービス「YouTube」の動画をはじめ、グーグルの配信サイト「グーグルプレイ」の映画やドラマなどのコンテンツ、NTTドコモの「dビデオ」、KDDIの「auビデオパス」の動画コンテンツなどを見ることができる。

使用法は、USBメモリーのような形状クロームキャストをテレビのHDMI端子に繋ぎ、家庭内のWi-Fiに接続。スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールしてリモコンとして使用する。価格は税別で4200円となっている。

クロームキャスト以前にもパソコン画面をテレビに表示させる方法は存在し、接続ケーブルや変換アダプタなどを使用することで、ネット動画をテレビで楽しむことは可能だった。しかしその手軽さと、「4200円」という価格が受けたのか、ツイッター上には、

「めちゃ気になる上に安いがや」
「クロームキャストって良さげだよね」
「面白そうなのでクロームキャスト買って帰る」

といった声があがっており、まだ投稿数は少ないがアマゾンのカスタマーレビューでは、「星5つ」が2人、「星4つ」が4人と、なかなかの高評価(28日20時時点)。星の数ほど存在するYouTubeの動画がテレビ画面で楽しめるとなれば、テレビ番組の視聴率に影響する可能性もありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト