ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ハッピーターンアイスの前評判は上々

2014.09.12 FRI

噂のネット事件簿


明治と亀田製菓のコラボで誕生した「ハッピーターンアイス」。内容量135mlで希望小売価格は130円(税別) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
明治は9月9日、亀田製菓とコラボして開発した「ハッピーターンアイス」を9月29日から全国で発売すると発表した。

亀田製菓の人気せんべい「ハッピーターン」の世界観をアイスで表現したという「ハッピーターンアイス」。「ハッピーターン」のおいしさの秘密である、砂糖、塩、旨味成分をまぜ合わせた「ハッピーパウダー」が、アイスにそのまま混ぜ込まれており、「あまじょっぱい」味を再現しているという。

定番のせんべいがアイスで再現されるということで、ネットユーザーたちからも熱い視線が注がれている。ツイッターでは、

「ハッピーターンアイスって、おいしいかな?想像できない」
「すげー気になる。どんな味なんだろう?」
「やっぱり魔法の粉の味ではまってしまうのだろうか?どんな味なんだろう…気になる」

と、その味が想像できないとの意見も多いが、

「ぬぬぬ、ハッピーターンアイスが気になるではないか…」
「このアイスをハッピーターンで、すくって食べたら更に美味しそう」
「ハッピーターンアイスこれは絶対に食べたい」
「これ口の中で想像した。美味いはず」

など、発売前からかなりの期待が寄せられている。

また、美味し“すぎる”であろうことが予想されるため、

「これ中毒性やばそうだ…」
「ハピ粉中毒に陥るぞ!」
「ハッピーパウダーを練りこんだハッピーターンアイスだと……合法的な麻薬やないか……」

と、「ハッピーターンアイス“中毒”」の危険性を指摘する声もちらほら聞こえてくる。

なかには「おいしくなさそう」という予想もあるが、そのうえでも「食べてみたい」という声が多い「ハッピーターンアイス」。実際に美味しいか否かは別として、発売日にはもっと大きな話題になりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト