スマホNEWS&TOPICS

1月 新着Android有料アプリトップ10!

2015.01.30 FRI


アプリにしては割高ながら、鉄板の人気を誇るパチスロ・パチンコアプリが上位に ※この画像はサイトのスクリーンショットです
続々とリリースされるAndroidアプリ。今もっとも勢いのある有料アプリは何なのか? Google Playストアの新着アプリのなかで、人気のトップ10をピックアップした。

■人気の新着 有料Androidアプリランキング

(Google Playストア 1月23日時点)

1位 こだわりラーメン館(500円)

2位 沖ドキ!(600円)

3位 パチンコ CRルパン三世~消されたルパン~ 394VER.(1500円)

4位 パチスロ黄門ちゃま 喝 オリンピア(1500円)

5位 RPG アスディバインディオス - KEMCO(864円)

6位 パチスロ 悪魔城ドラキュラ(1800円)

7位 金!金!金!札束牧場♪PRO(99円)

8位 tweechaPrime4jp 方言版(500円※1月23日は期間限定で99円)

9位 学園ハンサム いとをかし(300円)

10位 新説シェルタリング・クライ(380円)

1位の「こだわりラーメン館」は、ドット絵のシミュレーションゲームに定評のあるメーカー「カイロソフト」からリリースされた新作。オリジナルの麺とスープで絶品ラーメンを作り、行列ができるラーメン店へと成長させていく。ラーメン開発の楽しさもさることながら、経営戦略を立てて大会でライバルと競い合い、日本一のラーメン店を目指すのも醍醐味だ。

2位にはパチスロアプリ「沖ドキ!」が登場。2014年、ファンが選ぶ「パチンコ・パチスロAWARD 2014」で、昨年もっとも印象に残った機種に贈られるMIP(パチスロの部)を受賞した実機のアプリ版。実機さながらの臨場感溢れるプレイができると話題だ。

3位の「パチンコ CRルパン三世~消されたルパン~ 394VER.」は、実機で人気のルパン三世シリーズの7作目となる最新作。演出とサウンドをフルバージョンで搭載しており、アニメの世界観とパチンコゲームの楽しさを体感することができる。

ゲームアプリのランクインが目立つなかで異彩を放つのが8位のSNSアプリ「tweechaPrime4jp 方言版」。ツイッターアプリ内メッセージを30種類以上の方言や言語に変えてくれるというもの。博多弁や大阪弁など、数多くの方言に対応している。タイムラインをはじめ、画面の切り替えもシンプルに操作できるのが特徴だ。

さらに、レビューの★4.8と高評価が目立つのは、9位「学園ハンサム いとをかし」。平安時代を舞台にした禁断のBL(ボーイズラブ)ストーリーが展開されるアドベンチャーゲームで、個性豊かなキャラクターたちの恋愛模様が描かれ、12種類のマルチエンディングが用意されている。

従来のジャンルに新しい切り口や高いクオリティを加えて勝負しているアプリが着実にランクをアップさせている模様。今年はどんなアプリがヒットするのか、動向から目が離せない!

(末吉陽子/やじろべえ)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト