スマホNEWS&TOPICS

OSサポート打ち切り…なぜ続けられない?

2015.02.20 FRI


脆弱性にさらされたスマホを使っていなくても、ウイルスに感染する可能性が。自分で気をつけるだけでなく、セキュリティソフトの力を借りることも考えよう 画像提供:すなべしょう / Imasia
「セキュリティ対策していないけど、今のところ問題ないし…」というAndroidユーザーも多いだろうが、そんな人たちを不安にさせる発表がされた。それは、今年始めに発表された、Google社によるAndroid4.3以下のセキュリティパッチ提供の打ち切りだ。なんとなくスマホの安全性が脅かされそうなことは伝わるけれど、具体的にどんな問題なのかはさっぱり…。

もやもやとした不安を振り払うべく、スマホやパソコンのセキュリティソフト・ノートンなどを開発・販売する会社、シマンテックの浜田譲治さんに今回の発表の意味についてうかがった。

「これはAndroid4.3以下のOSに統合されている『標準ブラウザ』に脆弱性が見つかっても、Google社によって修正がされないということ。Android4.3以下を使っている人は、ウェブビューを利用する際に別のブラウザを使うなどの対応が必要になります」(浜田さん、以下同)

「標準ブラウザ」を使わなければ、今回のセキュリティパッチ打ち切りに伴う被害を受けることはないとのこと。とはいえ、このサポート終了によって約9億台(!)のスマホが脆弱性にさらされることになるといわれている。こんなにも、ユーザーがいるにもかかわらずサポートを終了するには、どのような理由があるのだろうか。

「簡単に言うとコストが理由でしょうね。短いスパンで次々と新しいOSが開発されていくなか、過去のOSすべてを延々とサポートし続けるのは、人員や経費の面でかなり負担が大きいはず。その証拠に、Google社は自社に負担がかからない“外部が作成したセキュリティパッチの受け入れはする”と発表しています」

今後もサポートが終了されるOSは出てくるだろうし、やはり自衛は必要なのだろう。ちなみに、今回の問題でウイルスに感染したという事例はあるの?

「現時点では確認されていません。しかし、まだ悪用するような人や組織から目を付けられていない状態というだけで、今後事件が表面化してくる可能性があります」

現状では、ユーザーとしてはあまり困らない状態だが、これを機にスマホのセキュリティについてリテラシーを高める必要はありそうだ。しかるべき対応をして、ウイルスに備えよう。

(河島マリオ)■シマンテック

セキュリティソフト「ノートン」シリーズをはじめとしたソフトウェアを提供している会社。2015年発表の最新版「ノートン」製品は、モバイル向け拡張機能「アプリアドバイザー」を新たに追加、ストアからアプリをダウンロードする前に、危険性をチェックできる。もちろんワンクリック詐欺にも対応。

URL:http://jp.norton.com/

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト