スマホNEWS&TOPICS

「LINE@」で注目のアカウント5選

2015.05.14 THU


主にクーポン配信などに活用される法人アカウントに対し、個人アカウントは「あさこ食堂」などに代表されるように、特定のキーワードに反応する「自動応答」を活用している事例が目立った ※画像はスクリーンショットです
LINEが提供するビジネスアカウントサービス「LINE@」。今年2月から個人でも登録可能になり、約1カ月で10万件ものアカウントが開設された。累計アカウントは24万件を超えている という(2015年3月現在)。

アカウントを友だちに追加すれば、その人が発信する情報をダイレクトに受け取ることができる。しかし、いったいどんなアカウントを友だちにすればいいのだろうか? 今回は、LINE@サービス担当者の幕田博之さんに、注目のアカウントを5つ選んでもらった。

 ●レシピ配信&返信が◎

「あさこ食堂」(@asacokitchen)

料理研究家のシラサカアサコさんによる献立ブログ「あさこ食堂」のLINE@アカウント。2月14日の開設以降、友だち数4万2000人を超える人気アカウントだ。

「毎日一斉メッセージでレシピを配信しています。また、キーワード応答が充実しているのが特徴。『豚肉』『きのこ』『豆腐』など食材の名前を送信すると、ブログに掲載しているオススメレシピが返信されてきます。献立に迷った時に助けてくれるはず!」(幕田さん・以下同)

●スタンプでなく懐かしの消しゴムはんこ

さくはんじょ(@tqt0049k)

クリエイター・あまのさくやさんが手がける消しゴムはんこ制作サービス「さくはんじょ」。友だち数は約1700人。LINEで写真を送り、消しゴムはんこをオーダーすることができる。

「友だち登録時に返ってくるメッセージのURLでサンプルや価格表、オーダーの流れが分かりやすく紹介されています。タイムラインでは、過去の作品や制作風景も投稿しているので、注文のやり取りだけではなく、見るだけでも楽しめるアカウントですよ」

●様々な仕掛けを楽しめる

エヅプトくん@LINE(@eduputokun)

人気個人サイト「僕の見た秩序。」から誕生したエジプトの壁画風キャラクター「エヅプトくん」。LINEクリエイターズスタンプも好評を博し、第3弾までリリースされている。友だち数は、1万3000人を突破した。

「アンケートや投票機能、定期的に行う1対1のトークなどを活用してファンと交流しています。『1000おめ』と話しかけると、Twitterのフォロワー1000人突破記念の壁紙画像がもらえる仕掛けも。どんなキーワードに反応するか話しかけてみては?」

●新米パパはマストフォロー!

HoiClue♪ [ほいくる♪](@hoiclue)

アラサー世代ともなれば、親せきや兄弟などの子どもと触れ合う機会もあるはず。なかには新米パパもいるだろう。そんなときに役立ちそうなのが、保育情報共有サイト「HoiClue♪(ほいくる)」だ。友だち数は、約9200人。

「タイムラインには、子どもが喜ぶ遊びやおもちゃの作り方が、ほぼ毎日写真付きで投稿されます。『雨』や『お絵かき』といったテーマに沿った遊びもキーワード応答で返事がきます。また、『5月』など時期で話しかけると、みどりの日や憲法記念日など、その月の行事や記念日を子どもに分かりやすく解説してくれます」

●動物園のウラ側をのぞき見できる

福岡市動物園(@fukuokazoo)

2013年に開園60周年を迎えた「福岡市動物園」は、ほかの動物園に先駆けて2年前に開設された法人アカウントだ。2月には、昨年10月に生まれたコツメカワウソの赤ちゃん4頭の名前を決める決選投票をLINE@で行い、話題になった。友だち数は、約9500人(2015年4月現在)。

「タイムラインに投稿される動物の写真が非常にユニークです。写真の数々は、飼育員がバックヤードなどから撮影したもの。普段見られない姿に癒やされること間違いなしです」

キーワード応答や1対1のトークなどで、実際の友人以外の人と、交流を楽しめるのもLINE@の魅力。さっそく気になるアカウントを友だち追加して、最新情報をキャッチしちゃおう!

※各アカウントの友だち数は2015年5月9日現在

(中道薫/ノオト)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト