スマホグッズ探偵団

スマホと連携して家電を操作する指輪

2015.06.21 SUN


サイズはS(内径19.0mm)、M(内径20.6mm)、L(内径22.2mm)の3種類。カラーはシャイニーホワイトとマットブラックの2色。エコモード(バッテリー節約モード)で約3日持続して動作。アクティブモード(常時ON)でも12時間持続する。iOS、Androidに対応
子どものころ、物語に登場する魔法使いや超能力者が、指を動かすだけで人や物を動かす姿に憧れた人は多いはず。そんな夢の世界を現実にするような、指の動きでスマートフォンを操作するガジェット『Ring ZERO』が登場し、大きな話題になっています。

『Ring ZERO』は、Bluetoothでスマートフォンと接続する指輪型のウェアラブル端末。人差し指にはめて空中で決まったジェスチャーを行うだけで、専用アプリをインストールしたスマートフォンのカメラのシャッターを切ったり、音楽を再生したり、連絡先の交換をしたりすることできるようになります。

しかし、これだけならば、さほど大きな話題になることはなかったでしょう。『Ring ZERO』がさらにユニークなのは、家電の操作もできるところ。LED電灯の『Philips hue Light』などダイレクトペアリングに対応している家電なら、ジェスチャーでスイッチのオン・オフが可能です。

さらに、スマートフォンと連携して使うネットワーク接続型の高機能学習リモコン『iRemocon』にも対応予定。『Ring ZERO』と接続することで、テレビやエアコンなどダイレクトペアリングに対応していない一般の家電の電源をON・OFFしたりできます。指を振れば電源が入る。まさに子供のときにみた、魔法使いの仕草のようです。

使い方は簡単で、スマートフォンとペアリングした『Ring ZERO』を人差し指に装着し、親指でスイッチ代わりとなるタッチセンサーにタッチ。そして、空中で絵を描くように、決められたジャスチャーを実行。最後にタッチセンサーから親指を離すと、ジャスチャーの種類に対応してスマートフォンや家電が操作されるといった仕組みです。ジェスチャーを認識するのは、親指がタッチセンサーに触れている間の動きのみなので、普段の動作で勝手に家電がオン・オフされて困るようなことはありません。

ちなみに、ジェスチャーは初期設定されている動作に加えて、専用アプリでカスタマイズも可能。ハートを描くジェスチャーを追加して間接照明と紐付ければ、ハートを描いて灯りを点けるなんてベタな演出もできちゃいます。

複数のリモコンをひとつにまとめられる便利さはもちろん、常に指に装着できる手軽さもメリット。家電の電源を入れたり切ったりするときに、わざわざリモコンを探したり取りに行ったりする必要がありません。なにより、指を動かすだけで家電やスマートフォンを操作できる未来感は、ガジェット好きのみならずとも試してみる価値はありそうです。

(コージー林田)

『Ring ZERO』(ログバー/価格:1万6900円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト