スマホ事件簿

世界初!顔認識ホームカメラが話題

2015.06.30 TUE


「Welcome」は、過去の出来事の一覧表示や、過去の動画の再生ができる機能も搭載している。鬼(親)の居ぬ間のイタズラも、証拠が残ってしまう時代!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スマートデバイスを応用した家電を開発する仏ネタトモ社が、世界初となる顔認識技術を搭載したスマートホームカメラ「Welcome」を6月26日から発売し、注目を集めている。

「Welcome」は、誰かがカメラの前を通るとスマホに通知するというデバイス。iOS 8以上またはAndroid 4.3以上に対応しており、一度認識した顔の人物プロフィールをスマホに登録すると、2回目からはカメラが認識した顔とデータを照らし合わせ、ユーザーのスマホに名前が通知されるようになる。また、不明な顔を認識した場合でも、ユーザーに通知されるという。そのため、たとえば玄関の靴箱の上にカメラを設置しておくことで、家族の誰が帰宅したのかを把握したり、リビングや台所などに置けば登録のない不審者の室内への侵入を確認したりできる。

顔認識機能以外にも、鮮明なフルHD画像、広範囲の撮影、赤外線LEDによるナイトビジョンなどの技術を搭載。カメラが人の動きをとらえた時だけ動画を録画する仕組みで、登録する人それぞれに対し、スマホへの通知や録画の有無を決められる。

外出先でも「ライブストリーム」により、スマホやタブレット端末、PCのブラウザなどでリアルタイムで自宅の様子を確認でき、部屋に置けば留守番中の子どもの様子を見ることも可能だ。価格は2万9800円。Amazonなどのネット通販や家電量販店で販売される。

これまでにも様々なホームカメラが発売されてきたが、顔認識機能を手軽に利用できるというのは新しい。ツイッターには、

「全然ウェルカムな感じのしない機能なわけだが」

「..プライバシーを覗かれるてのも こわいな。 まぁ、便利なものには影があるのも事実」

と、ネガティブなコメントが一部あるものの、ほとんどは、

「すごい!

未来のやつだ!」

「子供やお年寄りが一人でいる場合にいいな」

「共働きの家庭だと子供がちゃんと学校から帰っているかが心配なもの。電話で確認する時間もとれない、という忙しいビジネスパーソンの支えになってくれそう」

など、その使い勝手に関心をもつ好意的なコメントだ。さらに、

「このコンセプトだとインターホンとの組み合わせが良さそうです」

「ホームセキュリティ会社とくむとよい。外出時、旅行などや、子供だけの時に使用モードで。連絡先が会社」

「これとスマートロック連動させて究極の猫扉作れないだろうか。

野良だけ弾くシステム」

と、機能を応用したアイデアを寄せる人まで。

現在の使い方でも期待が持てるが、応用することでより一層の需要を掘り起こせそうなこのデバイス。今後、顔認証システムによる家族やペットの在宅確認が当たり前の時代が訪れる…かも?

【関連リンク】

■仏Netatmo社、世界初の顔認識技術搭載スマートホームカメラWelcome(ウェルカム)を6月26日(金)より発売開始-プレスリリース

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000014244.html

■公式サイト

https://www.netatmo.com/ja-JP/site

■Who is Welcome… and who is not? Episode 1.-NetatmoChannel

https://www.youtube.com/watch?v=GbJy3Uj8Unc&index=3&list=PLY0u22FKucHEiWL_xYKvAJpcLWRIwXb_C

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト