スマホグッズ探偵団

扇風機が付いたモバイルバッテリー

2015.07.20 MON


本体サイズは幅110×奥行き37×高さ85mm。重要は179g。USBケーブル(70cm)、リチウムイオン電池が付属する
梅雨が明ければ夏真っ盛り。クールビズが浸透してきたとはいえ、まだまだ上着&ネクタイで外を歩く機会もなくなりません。ヒートアイランドと化した都心での外回りは、もはやサバイバルの領域です。日陰を求めてさまよい歩き、少しでも時間が空いたら喫茶店に避難。でも、待ち時間にスマホをいじりすぎるとバッテリー残量がピンチになり、今度は充電場所を求めてさまよう羽目に…。

そんな2つの問題を一気に解決するのが、『持って歩けるクーリングファン付モバイルバッテリー』。その名の通り、扇風機が付いたモバイルバッテリーです。

デジカメほどの大きさのボディに、強力なファンが内蔵されており、風量はダイヤル式の無断階調整。最大風速は分速250mで、一般的な家庭用扇風機の強(分速150~180m)を遥かにしのぎます。充電はUSB接続で行い、フル充電で最大約8時間の利用が可能。充電中も扇風機が使えるため、「これホントに28℃設定か? 」と疑いたくなる暑さのオフィスで使うのもいいでしょう。

モバイルバッテリーの充電容量は2200mA。iPhone6をゼロからフル充電できる容量です。ただし、モバイルバッテリーとして利用している間は扇風機が使えないので注意。冷風を取るか、スマホの充電を取るか。悩ましいところです。

花火大会や夏フェス、テーマパークの順番待ちなど、日差しの下で長時間過ごすイベントも多いこの季節。暑がる彼女にすっと差し出せばポイントもアップするかも? なお、紫外線対策もお忘れなく

(井上マサキ)『持って歩けるクーリングファン付モバイルバッテリー』(サンコー/価格:2980円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト