スマホ事件簿

「スマホ上でお祓い」は是か非か?

2015.07.30 THU


ありがたみよりも手軽さが大事? スマホでお祓い「おおはらえ」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
厄年の厄祓い、交通安全など、“お祓い”というと若い世代には馴染みが薄く、厳かな雰囲気がしてハードルが高く感じてしまうもの。しかし、そんなお堅いイメージを払拭するような、スマートフォンから“穢(けが)れ”を送信し、神社でお祓いをしてもらえるウェブサービス「おおはらえ」が登場し、驚きの声があがっている。

このサービスは、岡山県岡山市の備前国総社宮で行われる「大祓祭(おおはらえさい)」へのエントリーが、スマホ上でできるというもの。大祓祭は、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などで体を撫でて息を吹きかけ、犯した罪や過ち、病気や怪我などの穢れを人形にうつし、その人形を浄火でお焚き上げして祓い清めるという神事だ。

ウェブサービス「おおはらえ」には2つのコースが用意されている。「スマホおおはらえ」は、スマホに表示させた人形で体を撫でて罪や穢をうつし、ネット上で送信するというもの。送信された情報は複数名ごとにプリントアウトされ、神職によりしかるべくお祓いされる。一方の「Webおおはらえ」は、サイトから人形を購入し、届いた人形で身体を撫でて罪や穢をうつし、神社に返送する。こちらは1人ずつ祈念してもらえる。

「スマホでお祓い」とは、何ともイメージにギャップがあるが、ツイッターを見ると、

「いやいや、神社に足運んでよ…」

「なんでもかんでもWebサービス化していい物じゃないと思うなぁ」

などと違和感を拭いきれない人もいるものの、

「世の中進んでるなー」

「遠路を旅するか、昔なら誰かに代参を頼むしかなかったわけで、IT化の威力はすごいですねw」

「生きてる宗教はテクノロジーに適応する例だ。送信したデータを元にちゃんと本職が儀式するというのはポイント高い」

「気持ちの問題なので形式は時代に合わせて多様化するんだにゃ」

と、驚きつつも、肯定的に捉える人も少なくないようだ。これからは「お祓いには行きたいがお金や時間がない」という方はスマホでお祓い…という時代に突入する?

(金子則男)

【関連リンク】

■おおはらえ

http://oharae.jp/

■備前国総社宮

http://souja.jp/

■Yahoo!リアルタイム検索 「おおはらえ」の検索結果

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%88&ei=UTF-8&rkf=1

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト