スマホNEWS&TOPICS

羽生名人も上位に!? 8月アプリTOP10

2015.08.27 THU


多少値が張っても購入したいハイクオリティアプリが人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
続々とリリースされるAndroidアプリ。今もっとも勢いのある有料アプリは何なのか? Google Playストアの新着アプリのなかで、人気のトップ10をピックアップした。

■人気の新着 有料Androidアプリランキング

(Google Playストア 8月18日時点)

1位 パチスロ バイオハザード6(1800円)

2位 煩悩BREAKER禅(1600円)

3位 [Premium]RPG グロリアスセイバー - KEMCO(800円)

4位 羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~(240円)

5位 Five Nights at Freddy’s 4(370円)

6位 Farming Simulator 16(641円)

7位 激Jパチスロ めんそーれ琉球守護神(200円)

8位 かみまち(150円)

9位 キャラミん 踊る!のんのんびより(680円)

10位 絶対絶望少女 <スマホ最適化>(324円)

1位に登場したのは、「パチスロ バイオハザード6」。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画の原案にもなった、日本初のサバイバルアクションホラーゲーム『バイオハザード』。その世界観を体感できるのが、こちらのパチスロアプリだ。史上最悪のバイオテロに挑む主人公たち7人の壮大なストーリーとパチスロのゲーム性が加わり、ハマり度高めの内容となっている。

2位には、オリジナルデザインに定評があるパチスロメーカー・山佐から、8月にホールデビューしたパチスロ実機のアプリ「煩悩BREAKER禅」がランクイン。個性豊かなキャラクターやちょいエロ演出など、ゲームモードも実機の魅力を可能な限り再現している。楽曲も完全収録されており、臨場感たっぷりだ。

3位の「[Premium]RPG グロリアスセイバー - KEMCO」は、国王から英雄の剣を奪還する命を受けた貴族のアキが、従者のマフユと旅をする冒険PRG。複数の武器を装備・強化したりしながら緻密に練られる戦略性の高さが特徴だ。ユーザーレビューも★4.4と高評価。

また、4位には天才棋士・羽生善治名人が監修した、「羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~」が登場。将棋を知り尽くした名人が、基本からしっかり手ほどきしてくれる。ヒントや解説を参考に次の一手を指す、一手問題を繰り返すことで、将棋に必要な手筋を身につけられる。「習うより慣れろ」のスタンスで、実際の対局にも役立つ内容だ。

6位の「Farming Simulator 16」は、リアルかつ現代的な農業を疑似体験できるシミュレーションアプリ。実際に販売されているメーカーの農機具を3Dグラフィックで細部まで再現。その農機具を操作しながら畑を広げて種を植え、収穫物を販売するまでの過程を楽しめる。

無料のアプリも続々リリースされるなか、お値段がちょっとお高めのものや、プロのノウハウを学べるものが目立った8月の有料アプリランキング。クーラーの効いた部屋で知識レベルとスキルを高めてみては?

(末吉陽子/やじろべえ)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト