スマホNEWS&TOPICS

発表会目前!冬春の最新スマホを予想

2015.09.26 SAT


今年の冬から来年の春にかけては、どんな新しいスマホが登場する?
例年10月ごろに各キャリアで開催される新機種の発表会。最近チラホラと、新機種に関する情報も出てきていますが、今年の冬から来年の春にかけては、どんな新しいモデルが登場するのでしょうか?

「冬春モデルで発売される可能性が高いのは、ソニーとサムスンの端末ですね」と語るのは、モバイルジャーナリストの佐野正弘さん。すでにメーカーから公開されている情報と、佐野さんの見立てから、特に発売の可能性がある製品を教えてもらいました!

●指紋認証&高性能カメラ「Xperia Z5」(Sony Mobile Communications)

「2015年夏モデルとして発表された『Xperia Z4』の後継機種で、Z4と同じく、約5.2インチのディスプレイを搭載。カメラは、新カメラモジュールを採用した2300万画素・高速AFカメラ。また、端末の側面にある電源ボタンに『タッチ式指紋リーダー』を搭載し、指紋認証機能も実現しています」(佐野正弘さん、以下同)

【冬春モデルで発売される可能性…90%】

●世界初!4Kディスプレイを搭載「Xperia Z5 Premium」(Sony Mobile Communications)

「Xperia Z5シリーズの最上位機種で、スマートフォンとして世界で初めて4Kディスプレイを搭載します(ソニー調べ)。ディスプレイは約5.5インチ。『Xperia Z5』と同じく、新カメラモジュールによる2300万画素・高速AFカメラ、指紋認証機能も搭載します」

【冬春モデルで発売される可能性…90%】

●コンパクトサイズのXperia 「Xperia Z5 Compact」(Sony Mobile Communications)

「『Xperia Z3 Compact』の後継機で、ディスプレイサイズは4.6インチ。ほかのXperia Z5シリーズよりも手になじむコンパクトサイズですが、こちらも新カメラモジュールによる2300万画素・高速AFカメラ、指紋認証機能を同じく搭載しています」

【冬春モデルで発売される可能性…90%】

●edgeシリーズ最新作「Galaxy S6 edge+」(SAMSUNG)

「2015年夏発表された『Galaxy S6 edge』の派生モデルで、ディスプレイを5.1インチから5.7インチに大型化しています。ディスプレイは、edgeシリーズ特有の両側面が湾曲した『曲面ディスプレイ』になっており、ここにサイドバーメニューを表示することができます」

【冬春モデルで発売される可能性…60%】

●最新の“ノート”「Galaxy Note 5」(SAMSUNG)

「ディスプレイは5.7インチ。金属やガラスを用いた高級感のあるボディが特徴で、進化したペン機能、ワイヤレス充電にも対応しています。従来機である『Galaxy Note 4』が日本未発売のため、可能性はほかの機種よりは少し低めです」

【冬春モデルで発売される可能性…30%】

●高い防塵・防水・耐衝撃性能「Galaxy S6 Active」(SAMSUNG)

「『Galaxy S6』をベースに、耐衝撃、耐温度、耐湿度、防水・防塵を備えたタフネスモデル。『IP68』相当の防塵防水機能に加え、高い耐衝撃性能を実現しています。米国では発売済みのため、日本でも冬春モデルのラインナップに入ってくる可能性があります」

【冬春モデルで発売される可能性…40%】

佐野さんによると、他メーカーに関しては詳しい情報があまり出回っておらず、「富士通の比較的シンプルな端末が出るのでは?」「ドコモから下り最大300Mbpsの端末が出るらしい」といった噂がある程度。詳しくは新機種の発表会で明らかになるのでは、とのこと。

現時点では、Xperia Z5シリーズの発売が最有力。気になる人は今のうちからチェックしてみては?

(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト