スマホ事件簿

百万円超え!超高級スマホに溜息

2015.09.29 TUE


SDのスロットがガルウィング状に開くとは、さすが超高級ブランド ※この画像はサイトのスクリーンショットです
超高級スマートフォンブランドの「Vertu」(ヴァーチュ)が、10月に発売する新モデル「Signature Touch」を発表。価格は118万円(6500英ポンド)から249万円(1万3700英ポンド)であることが明らかになった。

Vertuは、富裕層をターゲットにしたイギリスの超高級携帯電話ブランドだ。その端末はいずれも数十万円から数百万円の価格がつけられており、ダイヤモンド等の宝石や、金、プラチナなどが埋め込まれているのは当たり前。日本で展開した2009年には、月額5万2500円でコンシェルジュサービスが受けられることで話題となったが、2011年7月限りで日本から撤退している。

今回発売されるのは、昨年発売された「VERTU SIGNATURE TOUCH」の新型モデルだ。5.2インチの液晶ディプレイとAndroid 5.1のOSという点だけなら、他社のスマホと大して変わらないが、ボディにはチタンを、液晶画面の保護にはサファイアクリスタルを採用。また近年のスマホといえば、iPhoneの「Siri」に代表される音声アシストに注目が集まっているが、Vertuの新型モデルを購入すると、専門スタッフによる24時間体制のコンシェルジュサービスが、18カ月間無料で受けられる。

先述の通り、価格は118万~249万円と超高値のVertuの新作だが、ツイッターには、

「vertu v06ほしい」

「Vertu新型端末か。ほしい気もする…」

「売り方としてはイイなと思いました(買えないけど)アイフォーンとは一味違う)」

と、“高値の華”への羨望の声が続出。また、公式HPに公開された、凝ったデザインを見て、

「日本からは撤退してしまったセレブ携帯ヴァーチュ。新作スマホのデザインがぶっ飛んでる。SIMやSDカードスロットのドアがガルウィング! バカ高いのは前からだけど本体価格100万円から。使用素材の違いなどで250万円くらいのもあるそうな」

など、興味を示す人も。確かに携帯電話といえば、四六時中肌身離さず持っているので、ある意味で時計やアクセサリーよりも使用頻度は高い。今のところ、日本再上陸の報せはまったく聞こえてこないが、持っていれば注目の的となることは間違いなさそうだ。

(金子則男)

【関連リンク】

■Vertu Official Site

http://www.vertu.com/

■Yahoo!リアルタイム検索 「Vertu」の検索結果

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&ei=utf-8&p=Vertu

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト