ソーラー充電ケースも開発との噂

新型Kindle 充電式ケースでバッテリーさらに長持ちに

2016.04.09 SAT

噂のネット事件簿


バッテリーが長持ちすれば、旅先などでも電子書籍での読書がはかどる?
Amazonのジェフ・ベゾスCEOが4日、Twitterで、最新版Kindleの詳細を来週に発表すると予告。5日には、新型Kindleはスリムになり、充電式のケースが開発されていると海外メディアが伝えている。

WSJなどが、新型Kindleに精通する情報筋からの噂として紹介しているところによると、充電式ケースにより、Kindleの駆動時間を長持ちさせることが可能。ケースは取り外し可能で、Kindle本体は薄型・軽量化を実現するが、単体でのバッテリー駆動時間はこれまでより短いか同等程度と推測されるという。

またWSJは、Amazonが太陽電池で充電可能なKindleケースの開発にも取り組んでいることも紹介。ただ、こちらはベゾスが予告した来週の発表には間に合わないのではないかとみているようだ。

そもそも消費電力が少ないKindleだが、ケースによってさらにバッテリー駆動時間が長くなれば、モバイルバッテリーやケーブル類を持ち歩かなくていいかもしれない。このニュースに、Twitterでは、

「電子ペーパーkindleにソーラー充電は魅力的だな」
「カバーに太陽電池はそう来たか感あるなと」
「ケースにバッテリー内蔵とは考えましたね」

など、感心するような声があがっている。

バッテリーの持ちが気になって、電子書籍リーダーにイマイチ手が出なかったという人には朗報となるか。

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト