スマホNEWS&TOPICS

生まれ変わったXperia、Xシリーズの実力は?

2016.05.18 WED


「Xperia X Performance SO-04H」6月中旬発売。サイズ:高さ約144×幅71×厚さ8.6mm/質量:約165g/ディスプレイ:約5.0インチ/OS:Android 6.0/CPU:2.2GHz+1.6GHzクアッドコア/バッテリー容量:2570mAh
ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia X Performance SO-04H」は、6月中旬に発売される、NTTドコモ2016年夏モデルのスマートフォン。2015年までのXperia Zシリーズから、新たにXperia Xシリーズへと生まれ変わった本機種。「Performance」の名のとおり、高スペックなモデルとなっている。

デザインは、表面のディスプレイから背面にかけて、滑らかなラウンド形状になっており、以前のモデルよりも手にすっとなじむ。角も同様に、従来機種よりも丸みを帯びている。また背面には、新たにメタル素材を採用。見た目と、さわり心地がより上質な仕上がりになった。その反面、より普通のスマートフォンのデザインに近づいた感があり、Xperiaらしさが減ったと感じる人はいるかもしれない。

最大CPU動作クロック2.2GHz、メインメモリ容量3GB、内蔵ストレージ容量32GBと、パフォーマンスは上々。スムーズで安定した操作を実現する。また、自動でストレージやメモリを整理するスマートクリーナー機能も搭載している。

カメラは、起動から撮影までが約0.6秒とかなり高速。一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影が可能だ。

インカメラは約1320万画素。新開発のセンサーにより、暗いシーンでも明るく、キレイに撮ることができる。また、ソニーのデジタル一眼カメラ「α」のオートフォーカス技術を応用し、タッチした被写体の動作を予測して、フォーカスを合わせることが可能。

デザイン的には落ち着きをみせ、パフォーマンスは最先端。しっかり日常使いをしていきたい人にオススメだ。
(島尻明典/verb)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト