スマホ事件簿

留守電のテキスト化アプリ 評価は上々

2016.05.29 SUN


もはや変わりようがないかと思われた“留守電”に革命が!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
メール、LINE、SNSのメッセージサービス…連絡手段が様々な形で発達しても、意外となくならないのが留守番電話サービス。伝える方は音声を吹き込めばいいが、意外と受け取る側は聞き取るのが面倒でもある。このたび、その伝言内容を文字起こしするアプリをソースネクストが発表し、話題を集めている。

ソースネクストが5月23日にリリースしたアプリ「スマート留守電」(Android版/iOS版)は、留守番電話のメッセージを受け取ると、アプリが自動でテキスト化する。録音メッセージのテキスト化には、米ニュアンス・コミュニケーションズの音声認識技術を利用しており、音声と文字でメッセージを確認できる。

これまでの留守電では、「メッセージを聞くのが面倒」「留守番電話センターにかけ直さないと聞けない」「登録していない番号だと、誰からの伝言が分からない」といった問題があった。しかしスマート留守電は伝言内容がテキストですぐに確認できるうえ、電話帳に登録されていない番号でも590万件のデータと照合し、発信者を特定する。

ツイッターには、

「ずっと欲しかったやつー」
「これなにげにとても良い」
「この留守電、誰? どういう用事? が無くなるかも」
「なんで今までなかったんだ…ってくらい良い」

と注目する声があがっており、早速使ってみた人からは、

「これ、早速導入したけど、メタクソ便利だぞ。ちゃんと音声メッセージが文字化される。革命的に便利」
「自宅の固定電話からテストしてみた。完璧に認識してて、留守電録音終了直後に、文字化されたメッセージがiPhoneに表示される。これすげぇわ。はんぱなく便利」

などと評判は上々だ。なお、料金はiOS版が360円/月(税込)、Android版が290円/月(税抜)となっている。
(金子則男)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト