「懐かしすぎて涙」「俺もおっさんになるわな」…

『ファミ通』30周年で感慨に浸る人続出

2016.06.04 SAT

噂のネット事件簿


一部からは「売り切れ」の報告も出ている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ゲーム雑誌の『ファミ通』が創刊30周年を記念する特別増刊号を発売。ネットには祝福のコメントが寄せられている。

『ファミ通』は1986年に『ファミコン通信』という名前で創刊された。当時はファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)ブーム真っ最中で、『ファミコン必勝本』『ファミリーコンピュータMagazine』『マル勝ファミコン』など、ファミコン雑誌が乱立。しかし、4人の編集者が計40点満点でゲームソフトを採点する「クロスレビュー」、読者ページで投稿が採用されるともらえるポイント券「ガバス」などの企画で知られる『ファミ通』は、その中で唯一、現在も刊行を続けている。

6月2日発売の記念増刊号では、かつて『ファミ通』で連載していた人気マンガやコラムが限定復活。映画監督の押井守氏や『妖怪ウォッチ』のキャラクターデザインなどを手掛ける長野拓造氏など、著名人からの特別寄稿のほか、ゲームデザイナーの小島秀夫氏とプレイステーションの生みの親である久夛良木健氏の対談も掲載している。

「テレビゲーム雑誌」というジャンルを築き上げた『ファミ通』が30周年記念号を出したというニュースはネットでも話題になっており、ツイッターには、

「ファミ通30周年めでたいなあ…!」
「ファミ通30周年おめでとう!やっぱりゲームが好きだ!」
「ファミ通買いました。 これからもずっと買います。30周年おめでとうございます!」
「週刊ファミ通30周年おめでとおおおおおお!!」

と、祝福の声が次々と登場。

「何年振りだろファミ通買うの。30周年ってことで買ったよ」
「30周年らしいのですごい久しぶりにファミ通買ったー!」

など、久しぶりに購入したという“復活組”も多く見受けられる。そして、

「週刊ファミ通の30周年記念の企画記事読んでたら懐かしすぎて涙が出てきた」
「小学生の頃から読んでたファミ通が30周年か。 そりゃ俺もおっさんになるわな」
「ファミ通の30周年記念特集読んでると、いろいろ思い出すけれど、自分は昔からゲームばっかりやってるんだなあと」
「ファミ通30周年か……。途切れながらも30年近く買ってるのか、コレ」

と、『ファミ通』の歴史に自分の人生に重ね、時の流れの早さに驚き、感慨に浸る人が続出。創刊時は「テレビゲーム=子どもがやるもの」というイメージが強かったものだが、『ファミ通』とともに育った世代のゲーム愛は、今も続いているようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト