震災後1カ月半ぶり、全国から喜びの声が続々と

くまモンSNS再開「復興のシンボル」復活に笑顔広がる

2016.06.03 FRI

噂のネット事件簿


徐々にSNS活動も通常モードに。2日には公式ブログも更新している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月1日、熊本県の公式ゆるキャラ・くまモンが、4月14日の熊本地震以来、1カ月半ぶりに公式TwitterおよびFacebookを更新。くまモンからの久しぶりのメッセージに、ネット上では喜びの声が多数寄せられている。

地震発生後、熊本県は4月15日、くまモン公式サイトで「くまモン隊は、この度地震に見舞われた方々を最優先に行動しており、SNSでの情報発信は控えております」と発表。

その後4月16日には、漫画家の森川ジョージさんがTwitterに投稿したことがきっかけで、「くまモン」のイラストを描いて被災者にエールを送ろうというハッシュタグ「#くまモン頑張れ絵」が誕生。プロの漫画家から一般人まで、国内外から「くまモン頑張れ絵」が集まったほか、4月20日には、くまモンの生みの親、放送作家の小山薫堂さんが熊本の復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」を立ち上げ、

「被災地で見たり、聞いたり、感じた心を和ますような意見を、Twitterでハッシュタグ『#‎くまモンあのね』を付けて、くまモンに報告するようにつぶやいてください」

と呼びかけたところ、こちらにも続々と投稿が寄せられるなど、くまモンを通じたTwitterでの支援の輪は広がっていた。

SNSでの情報発信がなくなって約1カ月半。6月1日になり、くまモンはTwitterに、

「日本全国や世界中から熊本を応援してもらって、本当にありがとうだモン。熊本がもっと元気になって笑顔が広がるようにがんばるモン!今日からツイートも再開するモン。これからも熊本をどうぞよろしくお願いしますモン!」

とTwitterの再開を宣言。このツイートには3日までに2万4000以上の「いいね」がつけられており、

「くまモン、お帰り-! 待ってました。まだまだ大変だと思うけど、がんばってね。ずっとずっと応援していくからね」
「くまモンおかえり♪
これからどんどん暑くなるから体には気を付けて無理しないでね!!
神戸から応援してるよ!!」
「福岡から毎週末ボランティアに通ってますよ
一緒に頑張りましょう
九州は1つだモン!」

など、全国から温かい声と応援ツイートが届けられ、リツイート数も2万2000以上にのぼっている。

人々に元気を与えるくまモン。被災地だけでなく、県外の人の心もひとつにする、復興のシンボルとなっている。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト