6月20日都内、7月末には全国展開へ

無料Wi-Fi導入、スタバからマクドナルドへ移民発生?

2016.06.16 THU

噂のネット事件簿


スタバからマクドナルドに流れるユーザーはどれだけいる?
日本マクドナルドは、店舗内で利用できる無料Wi-Fiサービスを6月20日にスタートすることを発表。まず、東京都内の約150店舗でサービスを開始し、7月末までに全国約1500店規模へ展開する予定だという。ブラウザからメールアドレスやSNSアカウントでログインすることで利用できる。

最近では、コンビニやコーヒーショップ、ファミレスなど様々な店に無料Wi-Fiが導入されており、利便性が高まっている。軽食はもちろん、ビジネスマンの休憩スペースにもなっているマクドナルドも導入するということで、Twitterでは、

「いまいちこのあたりのセキュリティについて理解が乏しいので、安易に利用しても良いのか不安だったりするのです」
「これはいいね。けど、速度の遅いWi-Fiだったらマイナスイメージでしかないからその辺りは気にして欲しい」

と、やや心配する声もあるものの、

「これで通信速度が速く安定してつながるならマック行きそう」
「これで打ち合わせの場所が増えた」
「やっっっったー!!!!!!ずっとマックおるわ」

などと期待の声が続々と投稿されている。なかには、無料Wi-Fiと電源が使えるとあって好評のスターバックスユーザーからの声も多く、

「これでやっと、スタバ行かなくて済む。ありがたい!」
「女子の恋話の巣窟であるスタバからマクドナルドへのリプレイスがほぼ決まったw」

といったコメントもあがっている。

スターバックスは、会社員や大学生などノートパソコンを利用したい人が集まるため、都心では座席争いとなる店舗も多い。マクドナルドで無料Wi-Fiが使えるとなれば、店の選択肢が増え、100円でドリンクを頼めることから支払いも安く済むために歓迎する人もいるのだろう。ただし、

「居座られて回転率がまた下がりそう」
「客としては有難いかもだけど、100円コーヒーで入り浸れたら利益でるのかしら」

など、店側のメリットを心配する声もある。2015年度は過去最悪の赤字となってしまったマクドナルドだが、新サービスの導入で、客足を取り戻せるか。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト