スマホグッズ探偵団

高音質志向のワイヤレスレシーバー

2016.09.03 SAT


高級イヤホンブームもすっかり定着、数万円から中には10万円を超えるような高級イヤホンが店頭に並んでいる光景も珍しくなくなりました。読者の中にも清水の舞台から飛び降りるつもりで高級イヤホンを買って、日々愛用しているという人もいることでしょう。

ところが「今年発売される新しいiPhoneからはイヤホン端子がなくなる」なんていう不穏な噂が流れてきました。そろそろiPhoneの買い換えを考えていた人にとっては気が気ではないかもしれません。まして、虎の子の高級イヤホンとセットで使っている人にとっては悩ましいところかも。

そんな悩み深き人にオススメしたいのが、高級イヤホンメーカーのWestone社から発売された『Bluetoothケーブル WST-BLUETOOTH』です。製品としてはよくあるBluetooth接続のワイヤレス音楽レシーバーですが、特徴的なのが高級イヤホンで多く採用されているMMXC端子を搭載しているところ。

つまり、新iPhone にイヤホン端子がなくとも、手持ちの高級イヤホンをそのまま使えるというわけ。使用する際は、イヤホンのユニット部分をケーブルから取り外し、WST-BLUETOOTHに取り付けることで、自分好みの高音質なワイヤレスイヤホンに仕立て上げられるのです。

また、マイクも搭載しているので音声通話時にはヘッドセットとして使えるほか、IPX4準拠の防沫に対応しているのでちょっとした雨くらいなら神経質にならなくても大丈夫など、日常的に使うことを考えての配慮がなされているのも好印象。

新しいiPhoneは買う予定がないという人でも、高級イヤホンを買ったけどケーブルが煩わしいと感じているなら、このケーブルに付け替えるだけで使い勝手が数段レベルアップしますよ。

(青山祐輔)

『Bluetoothケーブル WST-BLUETOOTH』(Westone/実売価格:1万9800円)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト