最新作『Death Stranding』にもじつは…

小島秀夫×VRゲーム「世界が驚くヤツを一発かます」

2016.10.07 FRI

仕事からムフフまで VRで変わる僕の日常


小島秀夫  1963年東京都生まれ。86年コナミ入社。87年初監督作品『メタルギア』をリリース。その後シリーズ化し、2016年『メタルギアソリッドV』を発売。ほかにも、『スナッチャー』『ポリスノーツ』など、数々のタイトルをリリース。米ニューズウィーク紙 「未来を切り開く10人」(01年)、「Game Developers Choice Awards」生涯功労賞(09年)などを受賞。2016年独立し、コジマプロダクションを設立。同年2月にD.I.C.E. AwardsでHall of Fame(栄誉殿堂入り)受賞。5月にファミ通アワードでMVP受賞。7月にThe Develop AwardsでDevelopment Legend(レジェンダリー賞)受賞。最新作となる「Death Stranding」は鋭意開発中!
撮影:澤田聖司
PlayStation VRなどが誕生し、今年は「ゲーム×VR」の注目度が高い。希代のゲームクリエイターは、VR×ゲームの未来像をどう考えているのか。『メタルギア』シリーズなどを生み出し、現在はコジマプロダクションの代表を務める小島秀夫監督に話を聞いた。
(前編はこちら)

最新作『Death Stranding』はVRには対応しない!


小島監督、世界中からVRコンテンツの制作オファーが舞い込んできている状況だとか。となると気になるのが、ノーマン・リーダス主演のトレーラーが話題になった謎の新作ゲーム『Death Stranding』。果たしてVRへの対応はなされるのだろうか。

「じつはVRに対応させようとすればできるのですが、今はVRとは切り離して考えています。じっくりイスに座って、フレームを通して、泣いたり笑ったり感動したりできる、僕のファンが大好きなAAA(大作)のタイトルです。ちょっと新しい仕掛けがあって、これがどう評価されるか気になるところですけど。敵を倒しに行くこともできるし、戦わなくてもいい。入り口は広~くしてありますから。なんでもできると聞くと『グランド・セフト・オート』を思い浮かべるかもしれませんが、自由度はそれくらい高いです」

VRはやがて必ず“日常”になる。そこからがトップクリエイターの出番!


では、ゲームも含めたVRによるエンターテインメント体験は、今後普及していくのだろうか。小島監督は、VRコンテンツ制作スタジオの「Prologue Immersive」の顧問にも名を連ねるが、このスタジオはゲームの制作を謳っているわけではない。

「創設者のカイル・クーパーさんとは17~18年の付き合いで、『メタルギア』シリーズも一緒に作った友だちです。去年ぼくには色々あったんですが、そのことをすごく心配してくれて、ご飯を食べに行ったんですよ。『秀夫いま何してるねん?』って聞かれて、『Death Stranding』とVRのこれからの話をブワーッとしたら、真顔になって、『VRの会社作る!』と(笑)。その流れで顧問を引き受けたんですね。映像センスが抜群なので、みんな彼が作るVRを見たいわけですよ。それがどういうものになるかはわかりませんが、ハリウッドの出資があるから、映画やゲームの枠をこえたスゴい映像体験が生まれるかもしれません。いずれにせよ僕は応援しようと思っていますよ」

ゲームや映像体験が同時多発的に世界中で生まれている一方、トレンドには浮き沈みが伴う。その点、VRについても同じ道筋をたどると小島監督は見ている。

「今年はVR元年といわれていますが、一度波が引くときがあると思います。ガジェットに流行はつきもの。iPhoneだって最初ボロクソ言われたのに、今は当たり前になりました。現在のVRは商品として捉えられていますが、普遍的になり得る概念なんです。

たとえばVRでボールの目線になって野球中継を体験できたら楽しいでしょ。フィールドに100台カメラを置いて、間の映像をリアルタイムCGレンダリングで補ってあげれば、それが可能になるんです。だからVRはゲームから定着していくとは僕には思えないですね。テクノロジーはどんどん発展していって、当たり前になっていきます。そこからがクリエイターの見せ場。どうせVRでゲームを作るなら、『なにこれ!?』と世界が驚くような、一発かますヤツが作りたいですね」

現在は、世界中のトップクリエイターが、VRが世間にどう受け入れられるかを見極めている段階だという。VRの技術が当たり前の日常になったとき、一流の作り手たちがゲームの世界にどんな進化をもたらしてくれるのか。今から期待して待ちたいところだ。

■VRはストーリーテリングには不向き!?(前編はこちら)

(吉州正行)
小島

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト