PC内に増え続ける写真データをなんとかしたい!

撮りっぱなしで満足してない?デジタル写真の簡単整理術

2007.12.07 FRI


左・フォルダをリスト表示すれば、撮影年月順に並べて見ることができてわかりやすい。 右・デジタルフォトフレーム。Bluetooth搭載の写真立てで、最大500枚の写真を保存、表示できる。 右・写真提供/Parrot
デジタルカメラって、その場で画像を確認できてとっても便利。でも、それで満足してしまって、プリントしないままのデータがたまっていませんか? そのうえ、PCに保存しても、枚数が多くなってくると探したい1枚を見つけるのにもひと苦労。PC上で上手に写真データを整理する方法が知りたい! 画像処理を専門にしているフォトクリエーターの星祐一さんに聞いてみました。

「PC内での写真管理は『Picasa』や『iPhoto』などのソフトを使えば、日付順やタイトル順に並べかえることができて便利ですが、それがなくてもちょっとした工夫で簡単に整理することができますよ。まず『写真フォルダ』を作り、データはすべてそのフォルダ内に入れます。そして撮影日ごとにデータをさらにフォルダ分けし、検索で探せるようにしておくんです。例えば、フォルダには【2007年08月-北海道旅行-家族】など、日付+場所(目的)+誰と…というふうに、細かく名前を付けておくといいでしょう。また、後でプリントする予定のものには、目印としてファイル名に『♪』などのマークを入れておくと便利。そうするとマークひとつで検索できますよ」

フォルダ名やファイル名のつけ方を統一して、PCの検索機能を活用すれば、所在不明になって慌てることもないですね。でも、面倒くさがりな私に続けられるかな…。

「そういう人は、『Yahoo!フォト』や『フォト蔵』など、ウェブ上にアップロードした写真を整理、展示、公開できるサービスを利用するのもいいでしょう。公開範囲の設定ができるので、他人に写真を見せるのには抵抗があるという人も、設定次第で公開、非公開を切り換えられますよ」

オンラインアルバムを使えば、撮った写真データをわざわざみんなに配らなくても、ウェブからダウンロードしてもらえばいいから便利ですね。ところで、気づいたら写真データがPC上にたまっちゃって、すごい容量になっているんですが…。

「データは一定の量がたまったら、CDやDVDなどのメディアに焼いておきましょう。ただ、ディスクの保存状態が悪いと、数年でデータが破損してしまうことも。やっぱりお気に入りの1枚は、プリントアウトしておくのが一番です」

何枚もプリントアウトするのは大変という人には『デジタルフォトフレーム』という商品がおすすめだとか(写真を参照)。PCや携帯電話に保存してある写真データをBluetoothという無線接続で送信するだけで、写真をスライドショー化して見ることができるんです。見るたびに写真立ての中身が変わっているなんて、ちょっと素敵!

せっかく撮った写真を、眠らせたままにしていてはもったいない。データはきちんと整理して、快適なデジタル写真ライフを楽しみたいですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト