“ちょっと後ろ向き”ブーム到来の予感!?

ネガティブさに共感が集まる岸部シローのブログが人気のワケは?

2008.01.25 FRI


「自分を主張することが得意じゃない僕にとって、ブログは初めて自分を出せてる場なのかも」と岸部氏。実は、矢沢永吉と同い年の1949年生まれでもある
ボソボソと話す口調に、淡々としたしゃべり。独特の雰囲気で知られる俳優、岸部シロー(59歳)のブログが、このところ雑誌やテレビで相次いで紹介され、話題を呼んでいる。

テレビでも紹介されたように、その人気の秘密は「すごく読みたくなるネガティブさ」。たとえば「仕事がない」「お洒落なんてもうどうでもいい」など、その大半が、後ろ向きなぼやき節にもかかわらず、どこか人間的な温かみを感じさせる日記に、ハマる人が急増中だという。

「暗いニュースばかりの世の中で、『人生ジタバタしたところで始まらない』っていう岸部さんのスタンスが、読者の方々の共感を得ているのではないかと。これからは岸部さんのような、“ちょっと後ろ向きブーム”が来るんじゃないでしょうか」

そう語るのは、岸部さんのブログをサポートしている住まいのマッチングサイト「スマッチ!」編集部の河内さん。では、岸部さん自身はこの人気をどう思っているのか? ご本人にお話を聞いてきました。

「今まで40年間の芸能生活の中で、僕のことがちょっと話題になるなんてことは、珍しい現象なんですよ。僕は常にそういうところから外れてきた人間だから」

と、いきなり噂に違わぬ「ぼやき節」。とはいえ、ブログを始めたことで、岸部さんの中には心境の変化もあったという。

「ブログを始めるまでの僕は、世の中で他人に好意的な人なんて、あんまりいないと思ってたんですよ。だけど、僕に対する励ましのコメントなんかを読んでいると、好意的な方も結構いるんだなって。やっぱり僕もタレントだから、そういう声はうれしいもんなんですよ。だから、みなさんの声をエネルギーにして、そこから自分で駒を進めていかないかんのやけど…次どうするのか? っていうのが、まだ僕自身、見えてないんだよねえ…(と、またひとぼやき)」

ザ・タイガースのメンバーとして一世を風靡したアイドル時代にはじまり、ドラマ『西遊記』の沙悟浄役でのブレイク。そして、自己破産、二度の結婚(ひと回り以上離れた再婚相手の奥様とは昨年、死別)など、波瀾万丈の人生を送ってきた岸部さんに、ブログ読者へのメッセージをいただいた。

「今の僕を見たらわかるけど、やっぱりお金で失敗するなっちゅうことよね。僕は貯金できる時期でもお金が入ってくるだけ使ってたから、今になってムチャクチャ後悔してるもん。だって60歳になってもまだまだ生きなきゃならないし、多少お金があれば女のコにもモテるかもしれないでしょ。お金はないわ、歳はいってるわ、なんにもいいとこなしじゃさ…。だから、お金を貯められるときに貯めといた人が勝ちやね」

岸部さんのそのお言葉、胸にしかと刻んでおきます…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト